スポンサードリンク
エンジニアがビジネス書を斬る! > 英語 > デカい態度で渡り合え!!―世界中で通用する人間関係10のルール

デカい態度で渡り合え!!―世界中で通用する人間関係10のルール

2004-07-16

●デカい態度で渡り合え!―世界中で通用する人間関係10のルール
近藤 藤太 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894511479/maruruchan-22

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『海外で通用する交渉術は?』             
┃                            
┃   当然日本とは勝手の違うことが多いはず       
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード
 『グットファイター』
 『ルール』
 『聞き上手』
 『I’m sorry』

★━━━━本の著者への疑問━━━━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『世界で通用する人間関係のルールは?』        
┃                            
┃  どんな世界に行っても通用するルールを身につけたい  
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
 ▼『I’m sorry.』
  非がなければ軽々しく口にしない。これはよく言われている
  ことですが、作者は「万が一非がある場合には、はっきりと
  I’m sorryといえ!」と言っている。
  その心は外国ではほとんどの人が言わないので、潔さを
  認められて、人間として受け入れられることがあると。

  普通はいわないことを逆手にとって、自分のために生かしてますね。
  できる人は他人と違うことをするんです。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『逆手に取れ!』
  上とつながる話しですが、「自分で自分を責めると相手が逆に
  諌めてくれます」という。

  私もよくあるので分かりますが、人間って
  自分から進んで自分の非を認めるときにはあまり痛みを感じない
  のですが、相手から先に言われると反発心一杯です。
  どうせ言われるのであれば、自分から先に気がついていることに
  ついては認めていくのがよいかと。損得の観点からも。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『郷に入っては郷に従う』
  Japanese styleは他国では異質であることを胸に刻まないといけない。
  目を合わせずに話すこと、謙遜して話すことなど。
  喜怒哀楽をはっきりさせることが重要。

  あの大げさなジェスチャーは、日本人的にはなかなか受け入れられ
  ないものがありますが、先方に出向く限りにはそれに従うべきですね。
  そういう意味では外人の人も日本に着たら日本語を話そう!という
  気もしますが(笑)

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
┃ 『郷に入っては郷に従う』               
┃                            
┃   その国のルールを尊重すること           
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 物事は「型」から入るのが大事だと言うのは
 どの本にも書いてあります。
 型を身につけた後で、それをアレンジするのが王道であり
 そういう点で、外国は日本ではない!という心が必ず必要なのでしょう。

 特に近藤さんは、本を書かれた時点でだいぶ先達です。
 われわれ若者の感覚よりより、Japanese Styleを心の中心に
 お持ちだったでしょうから、最初は大変だったんだろうなと
 推測します。

●デカい態度で渡り合え!―世界中で通用する人間関係10のルール
近藤 藤太 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894511479/maruruchan-22

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

英語の関連記事

▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

seo great banner

Copyright© 2005 - 2017 エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.