スポンサードリンク
エンジニアがビジネス書を斬る! > 組織論 > トップ営業マンとして大切なことはみんなリクルートで教わった―凄腕でもスーパーマンでもないボクの等身大感動営業術 [by 江草 三四朗 (著)]

トップ営業マンとして大切なことはみんなリクルートで教わった―凄腕でもスーパーマンでもないボクの等身大感動営業術 [by 江草 三四朗 (著)]

2006-10-07
トップ営業マンとして大切なことはみんなリクルートで教わった―凄腕でもスーパーマンでもないボクの等身大感動営業術 トップ営業マンとして大切なことはみんなリクルートで教わった―凄腕でもスーパーマンでもないボクの等身大感動営業術
江草 三四朗

こう書房 2006-04
売り上げランキング : 291747
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2006/10/07

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『スーパーマンでもなくてNo.1』

   営業マンでトップをとるってすごいことだと思います
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『自分でマネジメント』   『営業分身』

 『第二声』   『分割』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『何を頭に置いて活動するか?』
                              
   適当にやっていてはいくら時間があっても足りません
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『絶妙な3ヶ月単位』
 ▼『営業分身を作る』
 ▼『第二声に気を遣おう』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『絶妙な3ヶ月単位』
  リクルート社では「3ヶ月単位のQ(クォータ)制度」
  という仕組みで運営されているそうです。

  一般的な会社でも「上期」「下期」という6ヶ月単位で
  運営がされていたり、少なくとも1年ごとに期が変わりますよね?

  そこの期間が「3ヶ月」なんです。

  そして著者の江草さんはこれを「絶妙」だといいます。

  というのは・・・誰もがそうだと思いますが
  「期のはじめ」というのは、新しい期が始まった!と
  それまでとはまた違った気分になると思うのです。

  たとえば、前期に大きな失敗をしてしまったとしても
  それを乗り越えて、今期はがんばるぞ~とか!

  前期に大きな成果を収めていても
  また新しい期だから今期もがんばらないと、まぐれだと思われちゃう
  と奮起したりとか。

  
  「区切り」ってとても大切なんですね♪

  まるるちゃんもそうですが、インターネットをつかって
  ビジネスをしている人は、「1ヶ月」というのがある意味
  毎月区切りになっています。

  売上はこれくらいを目標にして、そのためにはこれだけの経費を
  つかって・・・とね。

  まるるちゃんの場合には、セミナーに出席して
  学ぶ内容をチョイスする際にも、今月はコレにしよう~
  なんて選び方をしていますが(笑)

  この「区切り」を自分で持つことができるかどうか?
  これはとっても大事なんですね~。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『営業分身を作る』
  まるるちゃんは営業マンをしていたことがないので
  あくまで「伝聞」ベースですが、
  逆にサラリーマンだった頃は、遠くから営業に来てもらって
  大変だな~というのを感じていたので納得です。

  
  何が?

  
  はい。営業マンはいったん会社から出て営業にでかけてしまうと
  なかなか会社に戻ることができないってことです。

  
  どうしても移動時間がかなりとられますから
  複数のお客さんのところに出向くことを考えると
  その合間で戻るのも時間がもったいないですからね。

  すると・・・・その間の他のお客様からのお問い合わせや
  資料作成などなど、どうしても自分一人では
  フォローできないことってでてきます。

  それを助けていただけるのが「営業分身」
  多くの場合には内勤のスタッフさんになりますね。

  いつも助けていただける訳ですから・・
  逆にこちらからも、気をつけないといけないことってありますよね?

  それは・・・「快く助けていただけるようにすること」

  当たり前ですか?(^^;;)

  でも。。。外の営業マンから電話していくときに
  内勤の方が忙しい時間帯だったら・・・・

  とか

  急ぎでもない用事のはずなのに「こっちを急いでよ」と
  言われたりしたら・・・・。

  それって「助けてあげよう!」という積極的な気持ちが
  失われてしまいませんか?

  常に感謝しながら、お願いすることと
  自分のやっていることを手伝っていただけることで
  「こんなにも成果が上がりました」と伝えることで
  お互いがとっても「暖かく」なりますよね♪

  まるるちゃんも、今はひとりでビジネスをしているのではなく
  多くの方のサポートをいただきながらやっています。

  おかげで、、、、成果もだんだんと大きくなってきていますし
  それもホント手伝ってくださる方々のおかげですね♪

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『第二声に気を遣おう』
  第一声は大事だ!第一印象で9割は決まる!

  こんなことを聞いたことがあるかと思います。

  まるるちゃんも【エンビジ】で紹介したことありますしね。

  では、「第二声」ってなんでしょう?

  それは「挨拶に続くネタ」のことです。

  いくら挨拶がとっても丁寧だったり、元気だったりしても
  その後の話が・・・・・続かなかったら
  意味がないですよね?

  第一印象で9割がきまるのは、そのあと「そつなく」
  こなしたときの話。

  じゃないと、×になってしまいますからね。

  このネタは「仕事に関係するネタ」だったり
  「全く関係ないプライベートネタ」でもなんでもいいのです。

  せっかく「第一声」でいい感触を保てたのならば
  それにつながる流れるような「滑り台」を用意してあげれば
  話は自然と暖かくなっていきますよね。

  営業だけではなく「名刺交換」などなど
  いろんな場面でも活用できそうなことですよね。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『自分の自信が相手に伝わる』
                              
   真剣に相手のことを考えて提案するためにも
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 内面に持っている【自分】というのは、必ず外面にも
 にじみ出てくる物です。

 まるるちゃんもそうですが、自分が持っている実績よりも
 遙かに上の人と話をしようとすると
 どうしても、自分の自信が「それくらいなの?」と
 いわれてしまいそうで、揺らいじゃいます(泣)

 が。本当はそれではいけないんですね。

 すごい人から見たら、たいしたことがないことであっても
 自分が全力でやっていることだったら
 自信を持っていいのです。

 すごい人からは評価されないかもしれません。

 でも「自信がない」ということはより評価されなくなるのですからね。

 だから・・・最近はがんばって謙虚なだけではなくて
 自信をもったまるるちゃんでいたいと思っています~。

トップ営業マンとして大切なことはみんなリクルートで教わった―凄腕でもスーパーマンでもないボクの等身大感動営業術
トップ営業マンとして大切なことはみんなリクルートで教わった―凄腕でもスーパーマンでもないボクの等身大感動営業術

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

組織論の関連記事

▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

seo great banner

Copyright© 2005 - 2017 エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.