スポンサードリンク
エンジニアがビジネス書を斬る! > 自己啓発 > 学びを稼ぎに変える技術 [by 藤井 孝一 (著), 森 英樹 (著)]

学びを稼ぎに変える技術 [by 藤井 孝一 (著), 森 英樹 (著)]

2005-12-08
学びを稼ぎに変える技術 学びを稼ぎに変える技術
藤井 孝一 森 英樹

クロスメディアパブリッシング 2005-11
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2006/01/05

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『学んでばかりでは×でしょう!』

   せっかくの学びが宝の持ち腐れです
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『誰かのお役に立つこと』   『レベルにない』

 『専門家を名乗る』   『立ち位置-発信者にシフト』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『稼ぎに変える学びとは?』
                              
   もっとも知りたいところです!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『もっと詳しく教えてください-お客様から』
 ▼『受信者から発信者へ』
 ▼『切り口-マッチング』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『もっと詳しく教えてください-お客様から』
  「先生」と言われる職業の人は、営業をしてはいけない
  といわれます。

  これは、お客さんのほうからしたら当然ですね。

  例えば、先生ではないですが、ホームページ(HP)の作成会社が
  あったとします。

  でも、その営業方法は「電話勧誘」。

  それって「自分の会社のホームページではお客さんが獲得できません!」
  ということと同義ですよね?

  そんな会社に頼もうというお客さんは「ありえない」わけです(^^;;)

  「先生」だって、同じこと。こちらから営業に売り込みばかりでは
  なかなかお客さんからの信頼をいただくことはできません。

  でも、最初はお客さんがいないのだから、リピータだけで仕事をする
  わけにもいかないし・・・・。

  そこで、遠回りなようですがやらないといけないのは
    【実績を作ること】⇒【ブランドを作ること】
  なんです。

  誰もが最初は、プロになりたて(週末起業でもですよ)
  実績なんてありゃしません。

  ですから、最初の依頼に関しては「無料でいいんでやらせてください!」
  原価があるものだったら、「原価だけでいいので実績を作らせてください!」

  これですね。
  相手にとってリスクがないような中身であれば
  OKしてくれる確率はかなり高くなります。

  このときに、きっちり成果を出せば、実績を作らせていただけただけでなく
  「広報マン」のように周りの人に必ず勧めてくださる方になってくれます♪

 
  実績が積み重なることでブランド化されていけば
  その評判を聞いた、お客様のほうから
  
   「もっと詳しいことを教えていただけますか」
  と着ていただけるようになるのです。

  この状態にもっていくまでが、勝負です。
  一旦悪い評判がついてしまうと、それを挽回するのは至難の業です。

  下手したら、名前を変えて再出発したほうがいいくらいに(笑)

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『受信者から発信者へ』
  「学ぶ」ということは、基本的に情報の「受信者」ですね。

  講師の方、著者の方が発信した情報を受信する形で
  学んでいくわけです。

  ところが、その「学んだ情報」があなたの頭の中に一旦入ってしまえば
  例えば、まるるちゃんなら「まるるちゃんフィルター」を
  必ず通ります。

  その時点で、実はその情報は「まるるちゃん」の情報に
  なってしまうんです。

  だって、フィルターを通しているのですから
  必ずその情報はオリジナルから変換されているのです。

  【エンビジ】なんてまさにそうですが、著者の方の発信した情報を
  まるるちゃんが読書を通して頭にインストールしたものから
  メルマガを書くときに、でてきたものを書く。

  すると、まるるちゃん発信の【エンビジ】という情報になっているのです。

  
  あ、パクれ!って言っているんじゃないですよ。
  わかっている限りの範囲で出典元を明らかにする。

  さらに、情報の発信者である自分自身が感じたこと
  体験・試行錯誤したことを元に情報を発信すれば、それは
  完全にあなた自身のオリジナルなんですね。

 
  これができるようになれば、情報の受信者だけのまるるちゃんではなく
  発信もすることができる「まるるちゃん」という一段レベルアップ
  したところに自分をおくことができます。

  世の中にある書籍の多くも、元々のネタは必ず他のところから
  もってきたものなのですから。

  それを著者自身の、フィルタ・言葉で書いているからこそ
  本の価値があるんだと思います♪

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『切り口-マッチング』
  では、具体的に、どんな内容で稼ぐことができるんでしょうか?

  本著のなかでは4つの切り口が取り上げられているのですが
  まるるちゃんが、最も気になったのはこれ。

  「場・ネットワークを売る」です。

  例えば「マッチングサイト」ですね。

  自分自身のスキルとかではなく、ある「スキル・サービス」を
  提供したい人と、それを欲しい人がいたときに
  そこを【つなぐ】ための場を提供することが
  実は、「稼ぐ」ことにつながるってことなんです。

  まさにヤフオクなどのオークションサイトはそうですよね?
  
  起業しよう!お小遣いを稼ごう!という人にとって
  なんでオークションサイトはおいしいか?といえば
  すでに
    【潜在的なお客様が存在している】
  という事実。

  商売をやっていく上で、必要不可欠な要素が【集客】じゃないですか。
  そして、一般的にはもっとも困難と言われる作業。

  この作業を「代行」してくれているからこそ、マッチング
  ビジネスは、あたると大きいんです。

  ちなみに、こんなのもまさにマッチングビジネス。
   ⇒http://www.1magkoukoku.com/m/
  
  世の中にこれまでなかったもと=自分がやって不満に思ったもの
  をサービスとして提供し始めたからこそ、とても
  人気があるのです♪

  

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『立ち位置を変えてみよう』
                              
   自分がもっているもので、使えるものはなんだろう?
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 「週末起業」という言葉を作り出した
  森さん・藤井さんによる本著です。

  普段自分が何気なくやっていることが
  実は、Aさんにとっては「どうしてもできないからやってほしい!」
  ことであったりします。

  また、できることではあるんだけど、
    「他の事をしたいのでお願いしたい」
  と思うこともあります。

  
  このお願いしたい内容を、すでにたくさんやっているBさんに
  とってみれば、手間はほとんど変わりませんよね?

  でも、頼んだほうにAさんとっては、自分の作業から全部開放
  されてしまうので、感謝で一杯!
  喜んでお金払います~。

  なんてことになるわけです。

  
  こんな何気ないニーズを、ちょっと試してみたら
  実はとんでもなく大きなニーズだった!ということは
  よく起こりますから、ぜひ自分の周りで求められていることを
  探してみませんか?

  まるるちゃんの【エンビジ】も、自分がこんなメルマガあったら
  いいな~なんて気持ちで書いていますから(笑)

  え?くだけすぎてるって?

  ま、そんな人間なんです(にやり)

学びを稼ぎに変える技術
学びを稼ぎに変える技術

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

自己啓発の関連記事

▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

seo great banner

Copyright© 2005 - 2021 エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.