スポンサードリンク
エンジニアがビジネス書を斬る! > 自己啓発 > ギフト 君に贈る豊かさの知恵 [by 平野 秀典 (著)]

ギフト 君に贈る豊かさの知恵 [by 平野 秀典 (著)]

2006-06-08
ギフト 君に贈る豊かさの知恵 ギフト 君に贈る豊かさの知恵
平野 秀典

大和書房 2006-04-11
売り上げランキング : 3620
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2006/06/08

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『平野さんの新刊!』

   いつも「感動」を与えていただいていますね♪
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『豊かさを生み出す』   『ホワイトエンジン』

 『毎日がオーディション』   『顔晴る人』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『豊かさを生み出すには?』
                              
   お金だけではありません。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『表現力は身につけるな!-【磨く】』
 ▼『カヌーの法則』
 ▼『ハッピーエンドをサイクルに』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『表現力は身につけるな!-【磨く】』
  「表現力を身につけたい!!」

  そんな思いを抱いていませんか??

  
  「はい!」たぶん一番に手をあげてしまいそうなまるるちゃん(^^;;)

  ところが、平野さんの教えは・・・・

   【表現力は身につけるな!】

  なのです。

  というのは・・・
  「身につけたい」と思うと言うことは、逆に言えば
  「自分には表現力がない」ということを宣言しているに他なりません。

  自分が発した言葉に、人はそのまま影響を受けますから
  この言葉を発してしまうと言うことはより、表現力が出てこなくなって
  しまうのです・・。

 
  でてくる?

  そう、表現力とは「あなたの自身の中にある」のです。

  まるるちゃんの場合だったら、表現力は自分自身の中に
  埋まっているけど、まだ現れていないだけ。

  だったら、その表現力を引き出すためには【磨けばいい】じゃないですか。

  まるるちゃんも、【エンビジ】を繰り返し発行し続けて
  少しずつ「文章力」というものが磨かれてきています。

  昔であれば、1回のメルマガを書くのに2時間ほどかかっていましたが
  日刊の今、そんなに時間を使わなくても
  メルマガを執筆できるようになってきました♪

  これも、自分の中にあるモノを【磨いてきた】からなんですね。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『カヌーの法則』
  カヌーって聞いたら、どんなイメージをあなたは持ちますか?

  川をすいすい下っていくイメージを持っているのは、まるるちゃん。

  さて、その「すいすい下る」というところをもう少し
  細かく見てみましょう。

  「下る」ということは川の流れに乗っているわけですね。

  でも、下っている中で、その方向は操縦者が決めています。

  この2つの組み合わせはカヌーだけではなく
  人生にも当てはまるのです!

  人が生きていくときに、社会の大きな流れというものに
  乗るか乗れないか?というのは大きな差が生まれるとは思いませんか?

  でも、その大きな流れの中で、自分がどういう方向に進むのか?
  というのは、自分自身で決めることですよね?

  まるるちゃんも、インターネットがこうやってここ10年ほどで
  普及してくると言う大きな流れの中、
  おかげさまで、ネットを少し早く初めた+理系で得意
  ということもあって、いろんないいことを享受しています。

  そんな大きな流れの中で、エンジニアをしたりメルマガを書いたりと
  自分の好きなように方向性を決めていますよね。

  このように、自分で方向性を決めている人だけが 
  「棚からぼた餅」という「あたり」がもらえるのです。

  なぜ?

  だって餅が落ちてくるタイミングで、ちょうど「棚の下」に
  いないとダメじゃないですか?

  そんな「あたり」を成功する前からイメージしておく
  その結果としてイメージが現実になるわけですから
  一生懸命「ウォーミングアップ」と「イメージ」をうかべておくように
  しています(笑)

 

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『ハッピーエンドをサイクルに』
  平野さんは以前より「人生は物語の舞台」であるという
  趣旨のことをよくおっしゃっています。

  そして、われわれは「演じている俳優だ」とも。

  そんな我々の物語にとって「ハッピーエンド」って
  なんでしょうか?

  童話や物語であれば、ハッピーな最後ということになるのですが
  あなたやまるるちゃんの人生では、終わりではないですよね?

  そう、ハッピーエンドとは
   「次のハッピーエンドを生むための区切り」
  に他ならないと思いませんか??

  1つのハッピーエンドから、次のハッピーエンドを生む。

  まるでサイクルがつながっていくようにです。

  「恩送り」という言葉があります。

  自分が受けた「恩」を、他の人に分かち合うこと。

  「恩返し」は自分が受けたモノを、与えてくれた人に直接返す
  ことですが、「恩送り」は循環ですね。

  そんな、流れができあがっていけば、自然と、いつか自分のところに
  返ってきます。

  単にビジネスでも、うまくいくのは、周りの困っている人の問題を
  解決する人や、周りの人が便利になるツールを提供できる人。

  これも、自分が受けた「恩」を周りに分かち合っているから
  こそなんでしょうね。
 

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『ハッピーエンドをサイクルにしていく』
                              
   その流れは常に循環し続けるだろう
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 ちょうど、今日の【エンビジ】は500号。

 創刊号である第1号でご紹介したのは、平野さんの処女作である
 「儲けを生みだす表現力の魔法―感動は設計できる 」
 http://www.enbiji.com/archives/2004/06/post_131.html

 だったことを思い出します。

 
 浅からぬご縁に感謝ですね!

 
 そして、600号となった今、こうして平野さんの本をご紹介して
 よりこの「感動」が広がっていくことをお手伝いできれば
 まさに「恩送り」も少しはできているのかな~と思っちゃいます(笑)

 平野さんをご存じの方も、【エンビジ】読者では多いかもしれませんが
 そうでない方のために、少しご紹介しますね。

 ご自身の10年の演劇俳優の経験をお持ちで
 セールスで一番大切なことは、「感動が伝わること」とのお考えを基に、
 演劇とマーケティングを融合させた「ドラマティックマーケティング」を実践。

 ご自身がサラリーマンのころには、所属企業にて
 この「ドラマティックマーケティング」を実践してスゴイ成果をあげられた
 経歴の持ち主。

 
 永遠のキーワードともいえる「感動」を常に考えていらっしゃる
 すごいかたです。

 「感動」・・なかなか起こせるモノではありませんからね。

 500号に際して、まるるちゃんも少しでも
 読んでくださっているあなたに、有益なモノを届けられるように
 がんばろう!と思いかえすきっかけとなりました~。

ギフト 君に贈る豊かさの知恵
ギフト 君に贈る豊かさの知恵

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

自己啓発の関連記事

▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

seo great banner

Copyright© 2005 - 2017 エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.