スポンサードリンク
エンジニアがビジネス書を斬る! > 仕事術 > 仕事は、かけ算。 [by 鮒谷 周史 (著)]

仕事は、かけ算。 [by 鮒谷 周史 (著)]

2006-06-06
仕事は、かけ算。 ~20倍速で自分を成長させる 仕事は、かけ算。 ~20倍速で自分を成長させる
鮒谷 周史

かんき出版 2006-06-07
売り上げランキング : 198
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2006/06/06

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『「平成・進化論。」がパワーアップ?』

   待ちに待った鮒谷さんへの出版です。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『成果がかけ算』   『結果を出す思考』

 『強烈に印象づける』   『TTP』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『成果を20倍速で出すには?』
                              
   人の半分の時間で最大の成果をあげるには?
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『欲しい結果にフォーカスする』
 ▼『タイムマネジメント-時間の家計簿』
 ▼『TTPを合い言葉に!』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『欲しい結果にフォーカスする』
  ゴール設定の重要性は、エンビジでもなんども取り上げていますし
  成功者といわれる人は誰でも実践していることです。

  でも・・ただ漠然とゴールだけ設定しても
  100年立っても到達することはないでしょう。

  ひたすら宝くじが当たるのを待っているようなものですからね(^^;;)

  そうではなくて、ゴールを設定したのならば
  そのゴール=欲しい結果に対して自分の意識をフォーカスしましょう。

  そうすると、その流れの中で

    ・どうすれば欲しい結果を獲得できるか?

  という「自分への質問」が生まれてくるはず。

  この「自分への質問」は欲しい結果という【質】を追求するだけではなく
  くりかえし【量】をつまなくてはいけません。

  
  【量質転化】という概念をご存じでしょうか?

  初心者の頃は、とうぜんなかなか質の高い質問ができないとは思います。

  でも、初心者であっても【量】をたえず繰り返していると
  いつしか、それが【質】としてレベルアップするということなのです!

  まるるちゃん自身もこのことを実感しています。

  エンビジを発行して約2年ですが、創刊号の頃は
  今となってはお見苦しい文章を書いていたかもしれません。

  なぜ?

  それまで、文章なんてほとんど書いたことがなかったですからね。
 
  理系っぽい、とても「堅い!!」文章だったと
  時間がたってから、仲間に笑いながら指摘されました(^^;;)

  それが、もう600号近く、繰り返し量を積むことで
  なんとか殿堂入りを果たすまでにこれたのかな!と思うのです。

  もちろん、まだまだ先はあります。
  今のレベルで量を積めば、少しずつでも「欲しい結果」
  近づいていけると思っています!!

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『タイムマネジメント-時間の家計簿』
  まるるちゃんは、子供の頃から親の命令(笑)で
  「お小遣い帳」をつけていました。

  そのころの習慣からか、いまでも日々のお金の出入りは
  ほぼ管理できていると思います。

  
  ところが・・同じように大事な資源である「時間」については
  まったく管理してきませんでした(泣)

  お恥ずかしい事ながら、手帳をつけ始めたのも
  まだ1年半くらい・・。という「ていたらく」です・・。

  確かに、毎日なにをやっていたのか?を「時間単位」の細切れにして
  家計簿をつけるのは非常に面倒くさいです。

  でも、この作業を「1週間」だけでいいのでやってみませんか?

  すると・・・まるるちゃん含め、自分の時間の使い方が
  「投資」であるのか「浪費」であるのかがわかります。

  あなたのゴールに向かって一歩でも歩を進めるモノであれば
  それは投資ですし、ただ時間を使ってしまっただけであれば
  それは「浪費」です。

  お金の使い方とまったく同じですよね。

  鮒谷さんが率先して実践しているのが「プロに習う」ということ。
  
  何をやるにしても、最初に自己流でやるか「プロに習うか」は
  その後の上達のスピードが全く違ってきます。

  最悪の場合、自己流だと間違った方向に進んでしまい
  その結果、たどり着きたいゴールからより遠ざかってしまう可能性も
  あるのです。

  それは、時間の浪費だけではなく、マイナスですよね。

  逆に「プロに習う」という投資をできる人というのは
  現在ではまだほとんどいませんから、それができる人にとっては
  競争相手が少ない!という面があることは見逃せません。

 
  結果を出すことに「フォーカス」するならば
  いい感じの【王道】ですよね♪

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『TTPを合い言葉に!』
  TTPって何?と思いますか?

  実はこれ、日本語・・・・。

  「Tettei Tekini Pakuru」

  ローマ字だと読みにくいですか??

  「徹底的にパクる!」です(笑)

  でも、これすごく有益な方法です。

  パクるというと悪いイメージをもたれるかもしれませんが
  ならばいいイメージである「モデリング」という言葉として
  捕らえてみてください。

  モデリング=>自分の出したい結果を出している人の
  やり方を学びそれを自分に取り入れることですよね。

  つまり【パクる】ことに他なりません(笑)

  良いモノをまねることのもっともいいところは
  「大幅に時間を省略できること」、さきほどの時間管理につながる
  ことですよね。

  で、TTPを成し遂げてから、自分の言葉で咀嚼(そしゃく)する
  ことをすれば、それは自身のコンテンツになるのです。

  【パクる】というと、そのままコピペして
  自分のモノとして発表してしまうから、犯罪になってしまいます。

  そうではなくて、まず【パクる】。自分で実践するわけですよね。
  その後に「まるるちゃんフィルター」に通すことで
  アウトプットする!そんな流れなんですね。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『TTP!』
                              
   パクってパクってそれを自分の言葉にする!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 気がついている方は多数いるかもしれませんが
 【エンビジ】が、まさにこのTTP(笑)

 ビジネス書をご紹介していますから、元のオリジナルコンテンツは
 もちろん、まるるちゃんのものではありません。

 その文章をそのまま載っけてしまっては、それは著作権を
 侵害してしまっているわけです。

 でも・・【エンビジ】を読んでいただいてる方はおわかりの通り
 すばらしい本を拝読して、まるるちゃんがどう感じたか。

 さらには、今実践していることと関連づけるとどうなるのか?

 そんな切り口で「まるるちゃんフィルター」に通しているから
 続けてくることができるわけです。

 本著の著者、鮒谷さんは、まるるちゃんがTTPの対象に
 させていただいているお一人です。

 フォトリーディングという言葉や、ネットビジネスの世界への
 入り口となってくださったのが鮒谷さん。

 その後のシークレットセミナーや、放談会に参加させていただくことで
 常に刺激を受け続けています。

 そんな鮒谷さんの本を紹介することができるのは
 とてもうれしいことですね♪

仕事は、かけ算。
仕事は、かけ算。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

仕事術の関連記事

▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

seo great banner

Copyright© 2005 - 2017 エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.