スポンサードリンク
エンジニアがビジネス書を斬る! > 組織論 > これだけ差がつく!「感じる人」「感じない人」 ―ホリプロ社長が教えるチャーミングな組織のつくり方 [by 堀 義貴 (著)]

これだけ差がつく!「感じる人」「感じない人」 ―ホリプロ社長が教えるチャーミングな組織のつくり方 [by 堀 義貴 (著)]

2005-11-12
これだけ差がつく!「感じる人」「感じない人」―ホリプロ社長が教えるチャーミングな組織のつくり方 これだけ差がつく!「感じる人」「感じない人」―ホリプロ社長が教えるチャーミングな組織のつくり方
堀 義貴

PHP研究所 2005-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2006/01/05

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『チャーミングな組織とは?』

   なんかやわらかいけど、カッコいいイメージです。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『素材は足元』   『半径1メートル』

 『才能をつなぎあわせる』   『情熱ある0点』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『感じる人になるためには?』
                              
   理系人間にはちょっと難しいことです??
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『足元にある-半径1メートル』
 ▼『しゃべること-クリエイティブを生む』
 ▼『マーケットは人が作る』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『足元にある-半径1メートル』
  発想力の豊かな人は
   【無から有を作る】
  と思っていませんか???

  そんことができるのは、1%にも到底満たない
  ホンノ一握りの人だけです。

  必ず何か「下地」となるものをもっているんです。

  これまでの人生、経験、体験。

  自分が出会ってきたものが、全部【引き出し】として
  はいっているのですから、そこのどこを明けるか?

  それが、アイデアにつながっていくんですよね?

  ということは。。。。
  普段、まるるちゃんが出会っている身の回りのことが
  すべて「アイデア」の種ということ。

  だから【半径1メートル】の理論を堀さんは提唱されています。

  自分の半径1メートルにあるものを見てみましょう。
  その中で気になる5つのものはなんですか???

  きれいな女の子かもしれません。
  かっこいい男の子かもしれません。

  それでいいんです。なぜ「目がいったのか?」を
  考えることができたら、ちょっとでもそれを取り入れたら
  自分だってそうなれるじゃないですか?

  って、ファッションに対する感性がまるでない
  まるるちゃんが言っても説得力ないですか?(爆)

  エンジニア的には、理論とちょっとだけ違うことが起こったときに
  その差がなんだろう?って考えられる人が
  大発見をするってことです。

  昨日雑誌でひさしぶりに、ノーベル賞をとった田中さんを見ました。
  田中さんがまさにこの「違い」に気がついた方ですよね?
  実験ミスが種となって、大発見をされたのですから。

   

  まずは【半径1メートル】からはじめてみましょう~。
  

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『しゃべること-クリエイティブを生む』
  最近思うことがあります。

  エンジニアとしても、ネットで活動しているまるるちゃんとしても。

  それは・・・
    人と話しているときがもっともクリエイティブ!

  エンジニアとしてのまるるちゃんが、ある課題を解決しようと
  取り組んでいました。
  
  一生懸命計算したりシミュレーションしたりしても中々
  いいアイデアが浮かんでこない。

  でも、同僚とその計算結果を元にディスカッションしていると
  これがずばり!というアイデアがでてくるでてくる♪

  ネットで活動しているまるるちゃん。
  起業家の人たちと話していると、自分ひとりでは到底
  思いつかなかったような内容が、アイデアとして浮かんでくるんです♪

  これもすべて、人と「しゃべっているから」。

  でも、これは実は前提条件があります。
  それは、人としゃべっている時間の裏には
     【自分ひとりでの活動をちゃんとしている】
  という事実があるということです。

  自分の中で積み重ねた実績があるからこそ
  人とのおしゃべりでそれを【アウトプット】できます。

  何にもない人は、すぐにガス欠になってしまって
  あとは話を聞いているだけ・・・・。
  それはクリエイティブではないですよね?

  自分の積み重ねたイメージを【伝える】のがクリエイティブ。

  エンジニアの人たちはどうしても、積み重ねるほうが優先で
  【おしゃべり】が苦手な人が多いですが、
  ちゃんと両立するようにしましょう~。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『マーケットは人が作る』
  もしかして、マーケットは自然が作ってくれると思っていませんか?

  だから、その流れを見極めるのが仕事だって。

  いえいえ、そこまで待っているようではもう遅い。
  他の人のおこぼれをもらうだけになってしまいます。

 
  そうではなくて、自分たちでマーケットを作らないといけません。

  そして、見極めるのはマーケットではなくて
  その前段階である「トレンド」。

  漠然とこんなものがはやりそうだな~というのをつかんだら
  それを具体化したマーケットを立ち上げるのが、「人」としての
  仕事なのです。

  【エンビジ】もこれまでは「本の要約」というマーケットがほとんどで
  あった書評の世界に、
  「自分の言葉でくだけて紹介する。要約はほとんどない(笑)」
  というマーケットを作り上げました♪

  著者の堀さんが作り上げた一例は
     「お笑いコンベンション会議」

  これまでは、お互いに足を引っ張り合うだけだったプロダクションが
  集まって、若手の売り込みと、鍛える場を提供する
  一石二鳥の【場】だったのです。

  この場を作ることで、番組につかってみたい!と考える
  メディア関係者に見てもらうための「マーケット」が始めて
  出現したのです。

  漠然とした需要はある。そんな場に、自分がマーケットを立ち上げる
  ことができたならば、立ち上げたあなたはまさに「第1人者!」
  
  そのマーケットにおいて最初の時点での先行者利益と
  第1人者としてのパワーをもてるのです。

  このために必要なのが漠然とした需要を「感じる」力ですね。

  「第1人者になる!」という動機は実は感じる力を育てるのに
  いいかもしれません~。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『しゃべること!』
                              
   努力せねば。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 しゃべること!

 これはまるるちゃんにとっては得意でもあり不得意でもあります(^^;;)

 まるるちゃんは根が正直だから、はったりができないからです。
 #そこ、石を投げないようにね(^^;;)

 ですから、自分が自信を持っていることであれば
 結構雄弁にしゃべりますが、そうでないことに関してはほぼだんまり(笑)

 最初にネットの世界に入っていったときには
 ちょっとした著名人の前に座ると、まさに「聞き猫」(爆)

 ところがそんな状態を続けていると、実はいろんな経験をするんですね。
 
 最初は耳学問でも、それを聞いてちょこっとだけ実践する。

 すると一つだけ階段をあがっていたんです。実は。

 そんなことを繰り返しているうちに、実はフロアを一つだけあがってしまう
 なんてことも起こるわけです。

 いまだったら、どうやって「日刊に近いくらいメルマガをつづけられるの?」
 とか「ネットで収入を得るには?」とか
 まるるちゃん自身ができていることに関しては、結構語れますよ(笑)

 そんなことを話していると、
 またセミナーがやりたくなってきました・・・(爆)

これだけ差がつく!「感じる人」「感じない人」
 ―ホリプロ社長が教えるチャーミングな組織のつくり方

これだけ差がつく!「感じる人」「感じない人」<br />
 ―ホリプロ社長が教えるチャーミングな組織のつくり方” style=”border: none;” /></a></p>
<div class=

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

組織論の関連記事

▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

seo great banner

Copyright© 2005 - 2017 エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.