スポンサードリンク
エンジニアがビジネス書を斬る! > 心理学 > 「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本 [by 中山 マコト(著)]

「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本 [by 中山 マコト(著)]

2006-06-22
「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本 「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本
中山 マコト

中経出版 2006-06-20
売り上げランキング : 1673
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2006/06/22

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『キャッチコピーは大変』

   一番最初に目につくところですからね
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『訊きだした言葉をいじらず』   『だって、やせたいじゃないですか~』

 『いい材料』   『「共振」の素』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『人の心を動かすには?』
                              
   「共振」してもらうために。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『自分で考えてはいけません―人に訊く』
 ▼『○○全般について―カテゴリへの価値観』
 ▼『だって、やせたいじゃないですか~』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『自分で考えてはいけません―人に訊く』
  ・私はいろんなことを経験していないから、ネタがありません。
 
  という人と

  ・私はいろんなことを経験しているから、自分の言葉で!

  という2人がいたら・・・実は「経験がない」方が
  いいキャッチコピーを書けちゃったりするんです。

  なぜか?というと、自分の経験が豊富であることに自信を
  もってしまっていると、逆にそれに固執してしまい
  まわりの共感を呼ぶことができないキャッチコピーに
  なってしまうからです。

  
  まるるちゃんが自分を振り返ってみるとこんな感じ。

  まるるちゃんはインターネットやパソコンのことは
  ある程度詳しい方です。
  だから逆に、初心者の方が「○○で詰まっちゃうんですよ~」
  という気持ちがどうしても直観ではわからない部分があるので
  そのことを伝えようとするキャッチコピーを書いたりすると
  たぶんいいものにならない!でしょうね。

  ってことは・・・はい。その通り。
  
  自分でわからないものは、人に訊いちゃいましょう!!

  著者の「キキダス」の中山さんの真骨頂です。

  「考え出す!」というパラダイムから
  周りから「訊きだす」というパラダイムに転換することさえ
  できるならば、めっちゃいいものを生み出すことができるのです♪

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『○○全般について―カテゴリへの価値観』
  本著では「訊きだす」際のキーポイントとなることが
  書かれているわけですが、こんなポイントもあります。

  それは・・・ある商品についてのキャッチコピーを
  考えているときに、

   その商品そのものに関しての質問はしてはいけない!

  ということ。

  なぜか?というと、対象が狭すぎて、キャッチコピーの
  素材を取りこぼしてしまう可能性があるからなんです。

  では、広ければ広いほどいいのか?というと
  もちろんそんなことはありません。

  ちょうどいいのは・・・「○○全般について、どう思いますか?」
  という商品そのものの「カテゴリ」に対して
  質問を投げかけてみるのです。

  すると・・・・その商品のカテゴリに対する
  価値観を聞き出すことができます。

  この「カテゴリへの価値観」というのが
  実は商品への共感の材料として使えることが結構多い!ということなんです。

  その「カテゴリ」が備えていると、消費者が想定している
  価値観を、あなたの商品が備えているかどうか?
  そんな風にチェックしてみることができますからね~

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『だって、やせたいじゃないですか~』
  めっちゃインパクトがありますよね?この言葉。

  ダイエット食品のキャッチコピーを考えているときに
  「やせる!」などとうたう事は、現在の薬事法では
  法律違反になります(そうだったはずです)

  なので、みんなどうやって広告文章を考えるかを
  悩んでいるかと思うのですが・・・。

  中山さんが訊き出したこのOLさんの言葉
  「だってやせたいじゃないですか~」
  というのは、買い手の感情ですからこの点については
  問題がない。

  それだけじゃなくて、素直な感情が
  言葉になっていますから、キャッチコピーを呼んだ人が
  めっちゃ共感してくれるのです♪

  まさに「訊きだしたコトバをいじらずにそのままコピーにする」
  という本著でとりあげられている第1法則に
  マッチしているのです。

  人間「共感」「共振」というのに非常に弱いです。
  思わず「そうそう!!」とうなずいてしまうのが
  最強のコピーなんですよね。

  日本全国1億人が「そうそう!」とうなずかせることは
  とても難しいことですが、同じ世代・同じ性別・同じ出身
  など、カテゴリーを狭めていけば、共感を得ることは
  少しずつ簡単になっていくような気がします。

  まるるちゃんの世代に対して「ガンダム」や「タイムボカン」
  というと、結構通じるように・・。

  あ。。世代がわかるかな(爆)

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『素材を大切にしよう』
                              
   一人が感じている素直な言葉には、共感が集まる
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 料理も、せっかくの素材をうまく生かしている場合と
 シェフの独善的なやり方で素材を殺してしまう場合があると
 聞いたことあります。

 まるるちゃんの場合、舌がそこまで肥えていないので
 「聞いたことがある」としかちゃんといえないのですが(笑)

 実は、プロが一生懸命考えるよりも
 同じ世代や関係の人がつぶやいた言葉のほうが断然共感を
 得る可能性があるんですよね。

 ただ、素材はあくまで素材。それを食べやすい=受け止めやすい
 形にするお手伝いをするのが「プロ」のあり方なのかもしれません。

 で、本著の著者の中山さん。聞き出す力だけではなくて
 とってもアイデアマンでもあります。

 普通とは違った一ひねりしたキャンペーンを6/23の23:59まで
 行われています。
  =>http://www.kikidasu.jp/mag/
 
 プレゼントのひとつにある
   『女子大生と学ぶ!キキダス・インタビューの極意!

 このタイトルだけでも、「共感」しちゃう人多そうですね。
 
 やっぱりあなた「も」そうですか???(笑)

 中山さんの周りにはいつも美女が多いからな~。

「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本
「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

心理学の関連記事

▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

seo great banner

Copyright© 2005 - 2017 エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.