スポンサードリンク
エンジニアがビジネス書を斬る! > 心理学 > さようなら!「あがり症」―10人から100人の前でラクに話せる [by 麻生 けんたろう (著) ]

さようなら!「あがり症」―10人から100人の前でラクに話せる [by 麻生 けんたろう (著) ]

2006-10-03
さようなら!「あがり症」―10人から100人の前でラクに話せる さようなら!「あがり症」―10人から100人の前でラクに話せる
麻生 けんたろう

同文舘出版 2006-09
売り上げランキング : 250
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2006/10/03

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『人の前に出るとあがっちゃいますね』

   まさにそうなります(泣)
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『共鳴力』   『新しいソフトのインストール』

 『二念をつがない』   『ワークネーム』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『あがらないようにするためには?』
                              
   何が効果的なんだろう
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『相手が多いほど得である』
 ▼『あがっていることを認める』
 ▼『目標をすりかえる』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『相手が多いほど得である』
  では、なぜあがるとそんなのかをまず考えてみましょう。

  あがってしまうということは・・・自分の思っていることを
  相手に対して伝える能力が不足しちゃうということですよね??

  すると・・・自分の「魅力」を相手に伝えられませんから
  自分のやりたいことに協力してもらおうとしても
  なかなかうまくいかないのです。

  ところが、もし大人数でもあがらないようになると・・・
  1回の行動で、たくさんの相手に自分の思いを伝えることが
  できますから、ある意味「得」なことになるんです。

  まるるちゃんもおかげさまで、こうして3万人近い方に
  向かってメールマガジンを書いています。

  昔だったら一人に対して普通にメールを書いていただけだったのが
  いったんメルマガを書くと、同時に3万人弱の方に
  届けることができますし
  ブログに掲載すればそのほかの方にも伝えることができる。

  これだけでもすごいパワーですよね。

  このおかげで、まるるちゃんが今やっているビジネスに
  協力者の方をたくさん募ることができたんですから。

  でも、メルマガだと自然体にかけるのですが
  100人とかの人前になると、あがってしまうとしたら
  どうしたらいいんでしょう?(笑)

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『あがっていることを認める』
  そんな、まるるちゃんにとってもなるほどと思ったのが
  これからご紹介する2つの新しい思考法です。

  一つめは「あがっていることを素直に認めること」です。

  普通だったら「あがっていないぞ」と思いこむようにするのかも
  しれませんが、実はそれだと一つ大きな問題があります。

  というのは・・・

  実際にはあがっているわけですから、意識的に「あがっていない」と
  思いこんだとしても潜在意識との間に「ずれ」が生じますね。

  この意識と潜在意識のずれはとっても大きな「ストレス」になるんです。

  となると、そのストレスを癒そうとしたり、解決しようとすることに
  エネルギーが使われてしまう・・・これって困りますよね?

  だって、本来だったら「どうやったら実力を出せるのか?」
  と言う目的に対して集中したいのですから

  だったら「素直に認めて」ずれを無くしてしまった方が
  そのあとの「実力発揮」という部分に自分のエネルギーを
  集中することができます。

  あがっていることを素直に認めるというのは
  これまでのまるるちゃんの思考法にはない発想でしたね。

  実は今月末に、こんなところで単独講師をすることになりました。
  �http://www.enbiji.com/meta/breakjyuku.html

  その際に是非使ってみようと思います~。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『目標をすりかえる』
  では、もう一つの新しい思考法ってなんでしょうか。

  それは・・・「目標をすりかえる」ことだといいます。

  「すりかえる」というと響きがよくないんですけど(笑)
  本質に立ち戻ってみましょう。

  あなたが、「あがらないようにしたい」のってなぜですかね?
  

    ・あがってもいいから、自分の思いを伝えることができる

    ・あがらないんだけど、いいたいことが伝わらない

  だったら、どちらを選びますか?

  ですよね。本来の目的は「お客様」のことを
   
   【楽しませること】【理解してもらうこと】

  ですよね?

  
  その実力を発揮するために、必要だと考えるのが
  「あがらないこと」であるわけです。

  ですから、本来の目的の方に話をちゃっちゃと変えてしまいましょう。

  
  そのための一つのテクニックが「過去の自分に対して語りかける形」を
  とるというものです。

  ん?どゆこと?

  
  これは本来の目的を達成した「未来の自分」が
  その未来から見たときの「過去の自分」=現在
  に対して、「あのときは○○だったよね~」と話してみるのです。

  目的を達成した=成功した自分という立場から話しかけると言うことは
  未来と現在が「成功した」という事実で一本につながります。

 
  すると、潜在意識は「時間」を認識できませんから
  成功したかのように、感じ取って、それを実現するべく
  動き出しちゃうのですね。

  「成功した」という事実があるのですから、それと矛盾した
  行動を起こすことはできませんから。

  これは一般的によく言われる「目標は紙に書き出すと達成できる」
  ということと同様のことです。

  まるるちゃんも、毎日目標を見返したり書いたりしていますが
  不思議なことにどんどん達成できるんです!!

  このことから考えると、この「すりかえ」って
  結構有効ですね!

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『新しいソフトをインストールしてみよう。』
                              
   それだけで大きく変わりそう
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 今回の【エンビジ】では思考法の部分を中心に「斬って」みました。

 本著ではさらに、「準備」の大切さも説かれています。

 もちろんです。経験していることとしていないことでは
 その対処能力に大きな差がでますからね

 もっともいいのは自分が実体験すること。
 2番目は実体験した人から直接話を聞くことですね。

 でも・・・そんな機会はなかなか無いかもしれません。

 すると・・・3番目は「読書」。
 これは自分の経験値の幅を非常に広げてくれます。

 まるるちゃんも、読書好きというのが
 ここまでいろんなことができるようになった一つの要因だと
 思いますからね。

 もちろん、この【エンビジ】を出すことができたのも
 読書好きのおかげ(笑)

 【エンビジ】でアウトプットを繰り返すことで
 今回の著者の麻生さんとのご縁もできたのですから♪

さようなら!「あがり症」―10人から100人の前でラクに話せる
さようなら!「あがり症」―10人から100人の前でラクに話せる

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

心理学の関連記事

▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

seo great banner

Copyright© 2005 - 2017 エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.