スポンサードリンク
エンジニアがビジネス書を斬る! > 経済 > 逆ザヤ社員が稼げる社員に変わる法 [by 和仁 達也 (著)]

逆ザヤ社員が稼げる社員に変わる法 [by 和仁 達也 (著)]

2006-07-04
逆ザヤ社員が稼げる社員に変わる法 逆ザヤ社員が稼げる社員に変わる法
和仁 達也

ダイヤモンド社 2006-06-30
売り上げランキング : 27599
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2006/07/04

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『会社の活性化!』

   なかなか困ってしまう場合もあるようですから
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『ノホホン社員』   『何倍稼げばいい』

 『忙しいのは社長だけ』   『キャッシュはいくら?』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『社員一体となって稼ぐには?』
                              
   社長だけが空回りしないようにするためには?
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『打っても響かない-危機感の違い』
 ▼『お金の流れの全体図-何倍稼げばいいのか?』
 ▼『数字だけで議論しない-コミュニケーションの活性化』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『打っても響かない-危機感の違い』
  こんな風に嘆いている社長さんって結構いるみたいです。

  「あのAは自分のやった失敗の重大さがわかっているのか!!」

  そう、そんな社員のAさんは、怒られたことなんか
  すっかり忘れてのんきにたばこを吸っていたりするのをみると
  また社長の頭の血管が切れそうになります(^^;;)

  なんで、社長が感じている危機感が、社員には伝わらないのでしょうか??

  
  それは・・・「立場の違い」が原因なのです。

  社長にとっては自分や社員がやってしまった失敗は
  「会社が潰れしまうかもしれない」そんな風に考えます。
  逆に言えば、だからこそ、自分で考えて、どんどん行動していくのです

  が・・・社員にとってみると
  「なにをやっても、毎月給料はちゃんとでるさ」

  と、「言われたことだけをやる」というスタンスで
  仕事をしてしまう場合が非常に多いのです。

 
  立場の違いが何によって生まれるか?といえば
  「情報格差」からです。

  本著の中でも例としてあげられていますが
  まるるちゃんを含めたみんな、「国のサイフ」が
  どうなっているか?という情報を正確に知っているでしょうか?

  「大赤字」であるということを知っていても
  行政サービスが止まることはないから、まあいいか。
  こんな風に考えてしまっているかもしれませんね。

  つまり、自分よりも「大きなサイフ」に関して
  人は基本的に「信じていて無関心」であるといえます。

  会社の場合、社長のサイフと会社のサイフは直結していますが
  社員にとっては自分のサイフよりも大きいのが会社のサイフ。
  
  だから、自分が何をしても、会社のサイフは潰れたりしないよ
 
  そんな風に思っているんでしょうね

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『お金の流れの全体図-何倍稼げばいいのか?』
  「給料と同じだけは稼げばいい」と思っている社員
  ひいては社長さんがいるかもしれませんが、実は・・・・

  1倍では話になりません(^^;;)

  単純な計算ではありますが、社員が稼いだお金が
  給料の1倍であれば、その社員に給料を払ってしまっただけで
  消えてしまいますよね。

  ところが・・・会社には「オフィス」という固定経費や
  光熱費、そして営業さんであれば必ずバックアップするスタッフなどが
  いるはずだと思うのですが、彼らの給料だって
  会社は支払わなくてはいけません!

 
  ですから・・・普通の会社であれば
  最低限、2倍稼いで収支とんとん。

  設備投資などをしていて、その分を回収しなければ
  ならない場合などは3倍の粗利を目指さなくてはいけません。

  え~では、うちの会社はホントのところ何倍稼げばいいのかな?
  ともし思っても、「計算が簡単じゃないからやめた!!」
  となってはとてももったいないですね。

  そこで身につけたいのは「お金の流れの設計図」。

  和仁さんの前著「脱★ドンブリ経営」にも詳しいのですが
  本著にもちゃんと図解でばっちり!載っています。

  まるるちゃんもコレを見たときに、おお~なるほどと
  とっても感心しました。

  この図は、言葉で説明するよりも
  一目見た方が遙かに簡単なので是非チェックしてみてください。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『数字だけで議論しない-コミュニケーションの活性化』
  本著でのメインテーマの一つが「オープンブック経営」です。
  これは、まるるちゃんが昔紹介した
  「グレートゲーム・オブ・ビジネス」
 http://www.enbiji.com/archives/2004/08/post_173.html
  に詳しいのですが・・・

  実は、本来の目的を取り違えてはいけません。

  数字を公開することが目的なのではなく
  「社内コミュニケーション」を活性化させることが
  オープンブックの本質なのです!

  ですから、個々人の給料を公開するというのでは
  もしかすると(結構な確率で)、あいつはもらいすぎだろう(怒)
  などという足の引っ張り合いが起こってしまう可能性が
  ありますよね?

  そういうものではなく、本質につながる方法を
  考えましょう。

  例えば売上げに連動して、給料や報酬の一部が
  決まるのであれば、売上げの情報を公開していくことで
  それを伸ばそうというモチベーションが働きますよね。

  (一般的には売上げだと、営業マンが値引きしてしまう可能性が
  あるので、あくまで一例です)

  自分の会社の「あるべき姿」を設定して
  そこに近づいていくためには、どうすればいいのか?

  これをみんなで共有することができるのかどうかが
  大事!ということなんですね。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『ビジョンに共感する人を集めよう』
                              
   そしてシナリオに参加してもらうのです。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 まるるちゃんが、サラリーマンを卒業して
 記念すべき1冊目が今回の本著。

 読んでみて、あらためてまだまだやるべき事が
 おおいな~という感想です(^^;;)

 
 最初立ち上げた時点では、まず先に進むことばかりが
 頭に入っていて、他のことに気がまわらなかったな~と
 今振り返ると思っています。

 でも、一緒に走ってくれている仲間にとって見れば
 それでは、確かに不安ですよね?

 どんな状態を目指しているのか?
 それはいつ頃までに達成しようとしているのか?

 このあたりがきっちり見通せるようになろうと
 本著を読んで決心したところです。

 まずは、まるるちゃん自身が明確なアイデアを
 持つところから始めないといけないんですけどね(笑)

 「目指せ、日本一の○○○」という感じです~。

逆ザヤ社員が稼げる社員に変わる法
逆ザヤ社員が稼げる社員に変わる法

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

経済の関連記事

▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

seo great banner

Copyright© 2005 - 2017 エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.