スポンサードリンク
エンジニアがビジネス書を斬る! > 自己啓発 > マインドマップ読書術―自分ブランドを高め、人生の可能性を広げるノウハウ [by 松山 真之助]

マインドマップ読書術―自分ブランドを高め、人生の可能性を広げるノウハウ [by 松山 真之助]

2005-01-24
マインドマップ読書術―自分ブランドを高め、人生の可能性を広げるノウハウ
松山 真之助
ダイヤモンド社 (2005/01)
売り上げランキング: 55
通常24時間以内に発送

記念すべき100号では、書評系メルマガの巨人
Webook of the day 編集長の松山さんの本をご紹介します!!

マインドマップは弊誌最後のURL
 ⇒ http://www.learningsolutions.jp/photo/
や、導入書として市販されている
 ●『あなたもいままでの10倍速く本が読める
などでご紹介されているようにフォトリーディングと深い関係にあります。

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『マインドマップ読書の極意は?』           
┃                            
┃   フォトリーディングにめちゃくちゃの関係ある    
┃  話です。                      
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード
 『経験価値』
 『自分に質問』
 『忘却曲線』
 『個人ブランド』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『マインドマップ読書はどう人生に影響する?』     
┃                            
┃   するとしないとで、どれだけの違いがでるのか?   
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
 ▼『Y=aX:やる気・関心』
  この式のYは結果、Xは入力(インプット)を示します。
  例え、同じ本を読んだとしても、自分が関心を持っているかどうか
  によって、得られる結果が違ってくるんです。
  
  それを決めるのがa=関心 or やる気。

  ところで人間の脳は、普通にしていると残念ながら1日もすると
  読んだ本の9割を忘れてしまいます。。これは個人差はともかくとして
  忘却曲線として一般化された定理みたいなものです。

  ところが、aが高いものに関しては、この忘れる率がもう少し
  よくなるんです。
  やっぱり興味のあることは人間覚えているってことですね。

  ではなぜ興味のあることを人間が覚えているのか?というと
  これを松山さんの言葉を借りると「心の化学反応」の結果。

  心が化学反応を起こすと、普通の状態と違う状態になる
  ある意味、「覚えていよう」エネルギーを持つ状態になるために
  忘れなくなるんです。
  マインドマップ読書をおこなって見るとこのエネルギーが生まれます。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『経験価値を生み出す』
  上記の式のaを大きくするために、有効なことは
  「アウトプット」を常に前提とすること。
  
  松山さんも、「メルマガ」で紹介すると考えるように
  なってから、「どうやって紹介しよう!」と本を読むように
  なられたそうです。

  まるるちゃんも実は同じ♪「エンビジ」でこの部分をぜひ
  伝えたい!!!と思うとそこ部分はとても関心が深くなるんです。

  これを松山さんは「経験価値」とおっしゃっています。
  自分が経験したことを、周りの人にわかる言葉で伝えられるように
  なった形を「経験価値」と呼びます。

  なのでこれを定式化すると
   経験価値=(なにげない経験)×(それを見る目線+出したい気持ち)
  と定義できます。経験しなければもちろん価値になりません。
 
  でも、ただ経験しただけではダメで、「自分オリジナルの視点」
  それと「どれだけ出したい!!という気持ち」の2つがあって
  初めて経験価値となるんです。

  お~、「エンビジ」はこれまでの書評メルマガと違って
  本の内容から、エンジニアまるるちゃんがどう感じた。どう決意した
  という視点で伝えたい!と思っているわけですから
  知らず知らずのうちに、ちょっとはこの定式に当てはまっている??

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『個人ブランドを作ろう』
  このように、自分の経験を自分ひとりのもので終わらせるのではなく
  「一般化して世の中に出せるか?」
  という視点で考え始めて、それを実現できたときに
  「個人ブランド」というものが姿を現し始めます。

  同じ経験であっても、人によってそのアウトプットは違う!
  というところが、理科の化学実験とは違うところ。
  化学実験ではAという試薬にBを加えると、Cができるのが
  普通です。

  でもその結果をみて、これをどのように評価し、それを回りに伝える
  つまり発表するかは、個々人の研究者によって違ってくるというのが
  この「アウトプット」の差に匹敵するんですね。

  
  このとき、個人ブランドとして大事にしたいのは「出す姿勢」。
  得た経験を自分なりのオリジナルのふりかけで味付けして
  出してあげると、それに価値を認めてくれる人が集まってくれるはず。
  松山さんのWebookが、光をはなっているのもそういうところに 
  根源があるのかなあ?と思いました。

  遠い先にいらっしゃる松山さんがますます輝いて思えます!
  少しでも近づきたいなと。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
┃ 『自分の経験を経験価値へと高める』          
┃                            
┃   人に伝えるために、整理する・まとめるというのは  
┃   大事だし、自分にとっても価値のあることです    
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 
 100号の記念に、まさにふさわいしい本でした。
 
 この100号続けてくる間に、自分の本を読む姿勢が
  ・自分の必要な情報をGETしたい!
 という思いだけではなく
  ・「エンビジ」を読んでくれている、あなたにここを伝えたい!
 という思いも加わって、より「a」が大きくなった気がします。

 無意識のうちにやってきたことが、今回の松山さんの本で
 まとめられている気がしてずっと読んでいました。

 この本のメインのトピックである「マインドマップ」の書き方
 は、松山さんの本を読んでください(笑)
 実際、私もミーティングやセミナー受講のメモ書きに活用しています。
 後から見かえすときにとても便利です♪

 あ、もともと「マインドマップ」というのはトニー・ブザンという
 天才が作り出したものです。
 その翻訳書も必読かもしれません!
  『人生に奇跡を起こすノート術―マインド・マップ放射思考

 ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
  **この本の効果発揮開始はこれくらいからだ!=半年~**

  ちょうどフォトリーディングを習ってから半年たつ前くらいから
  意識し始めたかもと、今になって思います。
 ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

マインドマップ読書術―自分ブランドを高め、人生の可能性を広げるノウハウ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

自己啓発の関連記事

▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

seo great banner

Copyright© 2005 - 2021 エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.