スポンサードリンク
エンジニアがビジネス書を斬る! > 成功哲学 > 凡人の野望 [by 平 秀信 (著), 廣田 康之 (著)]

凡人の野望 [by 平 秀信 (著), 廣田 康之 (著)]

2006-10-10
凡人の野望 凡人の野望
平 秀信 廣田 康之

インデックス・コミュニケーションズ 2006-09-21
売り上げランキング : 39
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2006/10/10

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『凡人でも億を稼ぐには?』

   億を稼げるかどうかは興味がありますね(笑)
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『欲がビジョン』   『殻』

 『1日3時間以上』   『非道徳』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『億を稼ぐマインドは?』
                              
   どんなことを考えているんだろう。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『リミッターをはずせ』
 ▼『能力とチャレンジ』
 ▼『1日3時間以上働くな!』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『リミッターをはずせ』
  マラソンの世界記録って、だんだん更新されていますよね?

  一昔前なら、「2時間10分」を切ることなんて
  不可能だと思われていました。

  
  でも・・・ある日誰か一人が10分の壁を乗り越えると・・・
  堰を切ったかのようにいろんな人があっさりと10分の壁を
  超えています。

  近いうちに2時間を切るランナーが現れるのも時間の問題かなと
  言う気がしますね。

  そう考えると・・・この壁=リミッターって
  私たち自分自身が作っている可能性が非常に高いのです!

  億を稼ぐためには・・・このリミッターを外さないといけません。

  なぜか???だってまるるちゃんもそうでしたが
  私たち凡人では「億を稼ぐことなんて無理」というリミッターが
  自然にインストールされてしまっているからです。

  それも・・・・社会で普通に育ってきたから気がつかないうちに(^^;;)

  平さんがこのリミッターを外す意味を込めて
  おっしゃっているのが「非道徳マーケティング」

  この非道徳という言葉を聞くと=道徳的ではない
  つまり、悪いことをしてでも儲けようという意味にとるかもしれませんが
  実はそうではないといいます。

  
  それは・・・・「非道徳なほどお金を儲けることに集中すること」
  目標=稼ぐということにフォーカスしたら
  他のことには一切考えないと言うことなんです。

  「非道徳」なんて通常使わないキーワードを言われると
  「稼ぐ」ということが自然に連想できちゃいますね。

  これがこのキーワードによってリミッターがはずれる
  感じがしました。

  まるるちゃんも「誤解」していたくちなので(^^;;)
  

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『能力とチャレンジ』
  これは本来はグラフを使って説明したいのですが・・・

  言葉で説明するとすると

   ・能力が高い人が、低いレベルのチャレンジしかしない
      = 退屈である

   ・能力が低い人が、高いレベルのチャレンジをしてしまうと
      = ストレスが溜まる

  よって、能力とチャレンジはある適正な範囲の
  相関関係があるべきであると言う理論があります。

  この適正な範囲=幸せゾーンと、平さんと廣田さんは
  おっしゃいます。

  このゾーンにいると、ストレスも感じませんし
  自分の成長をMAXにすることができると。

 
  ただ、いつまでも同じ場所に安住していては
  それ以上の成長はありませんから、さてどうやって能力を
  伸ばしますか?

  というときには・・・
    ・まず心理的ストレスを感じるまでチャレンジをあげる

    ・そのストレスがなくなるように、能力を上げる

  のがいいんだそうです。

  確かにこれって、「自分が今持っている能力で達成できるポイント
  よりもちょっと高い目標をたてる」のがいい!という
  考え方にもマッチしていますよね。

  高すぎる目標は実感がなくてやる気がでません(^^;;)

  低い目標では、成長しなくても達成できてしまいます。

  まるるちゃんも、自分の活動を行って行くに当たって
  毎月月の頭にある程度の目標数値をいつも頭に置きます。
  #手帳にも書いておきます。

  そのときには、前月までの実績を考えると
  達成できない数字です。

  そこで、いろんなことを仕込むんですね(笑)

  達成できれば○、達成できなければ原因がなにか?
  ということを考えて行動するということが
  ポイントになります♪

  と・・毎月うまくいけば天才ですけどね(笑)
  

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『1日3時間以上働くな!』
  え?そんなに短時間労働でいいの?

  な~んて思いますよね。
  
  でも、これにはある真実が隠されています。

  それは・・・・

    単純作業は3時間以上するな!

  ということなんです♪

  メール返信などの事務作業や、報告会議等々。。。

  そういう時間を1日3時間以上やっていると
  稼ぐことが出来る金額も常識的な金額になってしまう
  ということなんですね。

  では、それ以外の時間を何に費やすのか??
  
  というと・・・・

   脳をフル回転する

  という作業です(笑)

  これだけ聞くと何をするんだろう?と思うかもしれませんが
  たぶん、起業家といわれる人たちは当たり前にやっている
  ことです。

  そう、
   
     ・自分のビジョンを実現するためにはどうする?

     ・ビジネスの効率を高めるには?

     ・他に新しいアイデアは?

  などなど、いつも頭にはかならず入っている
  質問事項ですよね?

  常に頭をフル回転させているからこそ
  自分が本を読んだり、誰かと会ってお話をしていたり
  して得た情報が、すぐに自分の脳の中にある質問と直結するんですね。

  これとっても重要なことです!

  でも3時間ではすべての作業をこなすことができないのも
  また事実です。
  #そんな楽しいビジネスを思いつくときは飛び上がって喜びます(笑)

  すると、どうするのか?
  というと、「時間を買う」という発想になるんですね。

  自分がやることは、自分だけができることに集中するのです。

  それ以外の仕事は、アウトソーシングするという発想ですね。
  アウトソースすることで自分のお金が減ったとしても
  先の戦略を考える「司令官」としての仕事をする
  時間が取れるのですから、全く問題ないです~。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『自分のやるべきことだけにフォーカスする』
                              
   余っている力なんてないですからね。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 力を余らせるのは、余らせてもちゃんと結果を残すことができる
 人物になってから考えましょう(笑)

 ○○という量の結果を出したことがない人は
 そのレベルのことがわからないですよね?

 となると、手探りで進んでいくしかないわけです。
 これは結構大変です。

 でも、一旦たどりつくと、それを繰り返すのは
 実は1回目に比べるとはるかに簡単。
 
 ですよね?
 後ろに道ができているんですから。
 多少の違いがあっても自分の持っている「経験」が大いに
 生きますからね。

 まるるちゃんもまさにそうなのですが
 人は「自分にとって楽しいことをやっているとき」に
 その集中力は発揮されます。

 やっていることに打ち込んで、時間を忘れてしまい
 「あ!」なんてことがたくさんあります(笑)

 今の、まるるちゃんはいろんな人に会って
 相手のことを聞いたり、自分のことを話したりしている
 時間がとっても楽しいです。

 そこからいろんなアイデアが浮かんでくるんですから。

凡人の野望
凡人の野望

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

成功哲学の関連記事

▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

seo great banner

Copyright© 2005 - 2017 エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.