スポンサードリンク
エンジニアがビジネス書を斬る! > リーダー論 > オンナを味方にして仕事をする本[by 後藤 芳徳]

オンナを味方にして仕事をする本[by 後藤 芳徳]

2004-12-24
オンナを味方にして仕事をする本―なぜあなたは女性とうまくいかないのか?奇跡の12週解決トレーニング
後藤 芳徳
成甲書房 (2004/11)
売り上げランキング: 2,459
通常24時間以内に発送

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『女性とうまくやっていく?』             
┃                            
┃   女性を敵に回すとめちゃくちゃ怖いかも       
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード
 『違う生き物』
 『型』
 『生活習慣病』
 『気が付いた瞬間』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『女性の心理特性は?』                
┃                            
┃   オンナゴゴロが分かるってやつですかね?      
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
 ▼『関係性とプロセスを大事にする』
  男性は「方向性と結果」を大事にする生き物です。
  女性は感情で生きてる!と言われるゆえんがここにあります。

  想像してみてください。

  女性が自分に向かって話しかけられているとき、
  相手が言っている話の内容よりも、相手の発する「空気」を
  大事にしていませんか?

  「あ、この人は私のことを大切に扱ってくれている。」
  「私のことを思って(叱ってくれているんだな)」

  自分に対する一生懸命さ・熱意を敏感に感じてそれに対して
  反応してくるんです。

  鈍感な男性、気をつけないと怖いことになりますね。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『自己重要感を高める-こつこつ貯める』
  相手が常に自分のことを大事にしてくれている!と思えば
  少々の無理も聞いちゃいますよね。

  これは男女関係無く、そうだと思います。コンピュータじゃない限り。

  この「こつこつ」「常に」というのがとても大事みたいです。
  理系の人間は総じて、男性ばかりの社会で暮らしているので
  #下手すると中学も男子校だったりすると人生の半分どころか
  #それ以上(笑)
  このあたりがなおざりになりがち。

  これが「生活習慣病」というやつです。元から苦手意識を
  もっているのに、相手のことがわけわからないから
  さらに!!!「あ~俺にはわからん!」とね。

 
  だからこそ、逆に「違う習慣」を身につければ脱却できる
  可能性もあるんですよ。

  そのひとつ、これを身につけたらいい!という習慣が
  「危険信号を察知したら、その場で!」

  「どうしたの?」とすぐに対応することが、問題に対する
  解決力が最も高いんです。

  よくありません?ほ~っておいたら、どんどん問題が難しくなって
  いっちゃって困ったこと、解決にすごい労力が必要だったこと。
  
  すべては、こつこつ!

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『ピグマリオン効果を使ってみよう-女性に向く』
  これは相手が自分が期待する能力を持っていると仮定して
  相手に接し続けていれば、いつしか能力を本当に発揮してくれるように
  なってくれる効果のこと。

  ではなぜ、女性に向くのか?というと、
  女性の方が男性のほうよりも、「相手の期待・思い」に答えてくれる!
  からなんです。

  恋愛しているカップルや、夫婦で、奥さんの方がだんなさんに
  趣味が似てきちゃった!ってこと結構多いみたいなんです。
  逆のパターンに比べると。

  これは、女性の方が「死ぬまで成長を続ける」ことが多いから。
  常に当たらしいもの、自分に持っていないものを
  貪欲に吸収していくんでしょうね。

  見習わないといけませんね!

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
┃ 『自己重要感を高める』                
┃                            
┃   相手を常に大事に想う               
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 この自己重要感を高めるべき!というのは女性だけの話ではありません。
 
 男性だって同じ。
 
 例えば偉い人や、有名な人に「名前を覚えてもらっていた!」
 というだけでうれしくありません?

 それは「たくさんいて覚えきれないはずなのに、私のことを覚えていてくれた!」
 というのが自分を大事な人として扱ってくれている!
 と、自己重要感が高まるからです。

 さまざまな女性・男性を、部下に持って実践してきた
 後藤さんの話すことだから、心に説得力をもって響いてきますね♪

 そんな後藤さんが、「バタ貧」の九鬼さんと一緒にやっているのが
 「ビジネスようちえん」。
 これまで秘密のベールに包まれていた、この「ビジネスようちえん」が
 なんと、メルマガになった!
 
 もちろん早速登録してしまいました!
 まだ始まったなので、今からなら間に合いますよ~。
  ⇒ http://www.businessyochien.com/mag/

●オンナを味方にして仕事をする本―なぜあなたは女性とうまくいかないのか?
奇跡の12週解決トレーニング
後藤 芳徳 (著)
http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4880861723/maruruchan-22/ref=nosim


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

リーダー論の関連記事

▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

seo great banner

Copyright© 2005 - 2020 エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.