スポンサードリンク
エンジニアがビジネス書を斬る! > リーダー論 > プロ☆社長 [by 竹田陽一 (著)]

プロ☆社長 [by 竹田陽一 (著)]

2006-07-26
プロ☆社長 プロ☆社長
竹田 陽一

中経出版 2006-06-30
売り上げランキング : 83
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2006/07/26

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『社長として一流になりたいなら』

   どんなに小さくても社長は社長です(笑)
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『粗利益』   『利益性の原則』

 『学習方法』   『弱者の戦略』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『プロ社長は何をする?』
                              
   100人中上位20位でもボーダーラインだそうです
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『会社は粗利益で生きている』
 ▼『移動時間を10%下げれば利益は2倍になる』
 ▼『経営の目的は「お客の創造」にある』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『会社は粗利益で生きている』
  人は栄養(=カロリー)を取らないと生きていけないのと
  同じように、会社にも必要なモノがあります。

  それはもちろん、、、、「利益」。

  資本主義社会において会社は「利益」が出ない限り
  存続することができないのです。

  そこで働く従業員・役員の給料や、経費など
  すべてにわたってお金がかかりますからね。

  でも、このことを忘れている人がたま~にいます。
  零細企業の社長や起業家の場合には、自分のサイフと直結しますから
  そんなことはないかもしれませんが

  まるるちゃんもサラリーマンの頃に、会社が大赤字(数千億の!!)
  のときにも「なんでボーナスが少ないんだ!」とか
  勝手な文句を言ってましたからね(笑)

  この「利益」とく粗利益が大事だと言うことを忘れていなくても
  その「粗利益」がどんな作業から生まれるのか?
  というところまで切り分けてみると、はっきりと
  認識していない経営者はいるような気がするのです。

  というのは、「粗利益」は

    お客様と商品を交換すること「のみ」から生まれる

  からです。

  「交換」することで生まれることがわかれば
  逆にそれに直結しない仕事は、いかにして比重を減らすか
  という風に考えませんか?

  本業と直結しない公職やつきあいに時間をつかっている
  会社が赤字の社長は、この時点でこの原則を
  忘れてしまっているのではないか?と思えるわけです。

  もちろんつきあいから仕事が生まれることがありますから
  完全に100%やめなさいとは言えないかもしれませんが
  比重をそれが1番になっているとしたら
  おかしいかな~ということですよね。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『移動時間を10%下げれば利益は2倍になる』
  数字に関してはいくつかの前提条件が入っています。

  それは黒字の会社の平均利益率は売上げに対して
  約7~10%程度で、移動時間をなくした分は
  お客様に対する接触時間(訪問、手紙など)になり
  その分経費が減るという勘定です。

  でもこれって当たり前なことですよね。
  
  さきほど書いた「粗利益」がお客様との商品の交換でのみ
  生まれると言うことを考えれば。

  竹田先生がおっしゃる「ランチェスター戦略」もこの
  「移動時間を減らす」ということから「営業地域を絞り込む」
  考え方に至ったのではないかと思います。

  インターネットのビジネスにおいては、お客様のところに
  営業するための移動時間というものは物理的に
  存在しません。

  だからこそ、経費が発生せずに、高収益がうまれる
  環境ができているとも言えますね。
  逆には削る余地のある「経費」がないともいえます(^^;;)

  そして、この「移動時間」が経費としてかかってこないというのは
  誰もが同じ事ですから、自分がなにか「1位」になれるモノを
  持っていないと、必ず比較されて負けてしまうという
  厳しい環境であるともいえますよね。

  「移動時間」が参入障壁になってくれないのですから。
 
  移動時間に関してはネットのビジネスだけしかやっていないと
  リアルのビジネスをやってみたときに陥ってしまいそうな
  落とし穴なので、十分に気をつけたいと思います。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『経営の目的は「お客の創造」にある』
  え?会社にとって必要なのは「利益」つまり
  お金だって書いたばかりじゃないか??

  そんな指摘を受けそうですが(笑)

  もちろん会社にとって必要なのは粗利益という栄養ですが
  それを目的にしてしまうと道を踏み外す可能性が
  あるのです・・・

  
  バブルの頃を思い出してください

  数多くの企業が本業をそっちのけで、不動産投資に走りましたよね?
  それは・・・「お金が儲かる」とみんなが
  お金を企業の目的としてしまったからです。

  その結果・・・多くの企業に沢山の借金が残りましたね。

  実はドラッガーの言葉に下記のような言葉があるんだそうです。

   「経営の目的は『お客の創造』にすべきである。
    そして利益は会社を安全に保つための『経費』と
    考えるべきだ。」

  こう考えることで、会社を生存させていくための「利益」
  と目的をきっちり分けることができるのではないでしょうか?

  目的から「利益」をなくしてしまうと、儲けを考えなくなる
  のではないか?と思うかもしれません。

  しかし「お客の創造」をしていくことは
  とりもなおさず、利益を生み出す体質を自然と作り上げる
  ことになります。

  なぜなら、、、安売りでお客を創造するのでなければ
  必ず自社に「強い1位」となる体質を持たねばなりませんから
  それが利益に直結していくはずですから。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『経営の目的は「お客の創造」にある』
                              
   自社の強みが1位になれるところまで絞り込むところからスタート
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 「1位」作りという言葉は、ランチェスター戦略に
 取り組む限り、必ず頭の先頭にでてくることですよね。

 まるるちゃんも、この言葉を頭にインプットするたびに
 自分自身の「1位になれるところはなんだろう?」
 と考える癖がつくようになってきました(笑)

 【エンビジ】にしても、自分がビジネスとして展開している
 サービスにしても、、、、どちらも絞り込めば1位になれる
 ジャンルは必ず見つけられます。

 で、、、そこで満足するのではないですよね?

 それでは、ナンバーワンではなく「オンリーワン」なだけで
 なんの競争力も生み出さない可能性がありますから。

 一旦絞り込んで力をつける。そこを足がかりにして
 自分が強くいられるところを少しずつでもいいから
 広げていく。

 その形でどんどん進めていきたいと思います!!

プロ☆社長
プロ☆社長

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

リーダー論の関連記事

▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

seo great banner

Copyright© 2005 - 2017 エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.