スポンサードリンク
エンジニアがビジネス書を斬る! > リーダー論 > 人生の座標軸──「起業家」の成功方程式 [by 堀 義人 (著)]

人生の座標軸──「起業家」の成功方程式 [by 堀 義人 (著)]

2005-07-09
4062127040 人生の座標軸―「起業家」の成功方程式
堀 義人

講談社 2004-12-14
売り上げランキング : 29,011
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2005/07/13

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『軸を何におく?』

   軸がないと蛇行してしまいます。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『切り口』   『ファミリー理念』

 『なんのために働く?』   『個性』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『6つの軸とは?』
                              
   著者が実践している6つの軸があります
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『個人-教育は最大のエンターテイメント』
 ▼『家族人-ファミリープランを策定する』
 ▼『組織人-勝ち続ける組織の方程式』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『個人-教育は最大のエンターテイメント』
  6つの軸のうちのひとつ「個人」。
  堀さんは「個人」にとって大事なものとして「心」「技」「体」
  をあげられています。

  その中でも「心」はすべての根源。
  ワクワクする感情、それを率直に表現する能力
  どれもが実は「アーティスト」なんですよね。

  まるるちゃんが苦手なものですが(^^;;)
  「おもしろい」「楽しい」という感性は持ち合わせているんですけど
  さて、それを詳細に描く・伝えるということが
  なかなかできない(^^;;)

  エンビジを書くことによって、文章で伝えることが
  少しずつできてきているので、ほんと読んで下さる皆さんのおかげ!!!
  です。

  その「楽しい」を堀さんはこんな感じで表現しています。
    教育こそが最大のエンターテイメント!
    学びが一番楽しい!
  
  そうなんです。RPG(ロールプレイングゲーム)にみんな
  なぜはまるか?というと、自分が操作する→もしかするとそれ以上に
  感情移入しているキャラクターが、成長して強くなっていくから
  楽しいんですよね?

  だったらせっかくだから、そのキャラクターを自分自身に
  すれば、ゲームが終わっても一生の財産になるじゃないですか?

  セミナーも参加するだけでは駄目!といいますが
  最初は参加すること自体を楽しむところから入っていくのも
  いいんじゃないかと思います♪

  そしてレベルアップの音が聞こえたら、次に実践!ってね。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『家族人-ファミリープランを策定する』
  家族との時間、ここが犠牲になってしまうことって
  結構多いですよね。

  「俺は外でがんばっているんだから・・」
  ビジネスマンがついつい言ってしまう言葉なのかもしれません。

  そこで、家族との間にも「ファミリープラン」をつくりません?

  起業するとき。会社経営でも「理念」が大切っていいますよね?
  これを家族との間でも共有するんです。特に夫婦で。

  家族全体=チーム=運命共同体と考えると
  何をやろうとしているのか?いつまでを考えているのか?
  を共有できれば、家族の間の不満ってなかなか高まらないんだと思います。

  先日の元アマゾンの土井さんとお話していたときにも
  「奥さんと一緒に仕事してますから、ばっちりですよ!」
  とおっしゃっていたのがとても印象に残っています。

  あ、でもこれまるるちゃんはできてないですよ(^^;;)
  反省材料として・・・。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『組織人-勝ち続ける組織の方程式』
  堀さんが勝つための方程式を教えてくださいました。
   【勝つ組織】= 【個の爆発】
          ×【崇高なビジョン・理念・基本戦略の確立と浸透】
          ×【規律の精神】

  そう、この掛け算が大事なんですね。
  どれかひとつがかけても駄目。

  普通の大企業って、3番目は結構できているんです。
  がちがちになりすぎるくらいに。

  でも1個目の個性は3番目に対して萎縮してしまって
  なかなかでてこない。

  だから、会社の名刺で仕事をする人が増えてくるんですよ。たぶん。
  そしてその名刺が無くなると、【個性】がないので
  「さて、誰でしたっけ?」となるわけですね。

  まるるちゃんも、サラリーマンだし、大企業づとめだし
  気をつけないといけないところです。
  
  エンビジは零細だし、個人でやっているしそのあたりの
  経験をつむには最適♪
  一緒にいろんなことやりましょうね!

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『プランを作る』
                              
   
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
  6つのうちの3つの軸を紹介しました。
  堀さんの残りの軸は「日本人」「アジア人」「地球人」
  まさ世界をまたに駆けての堀さんです。

  ところで、この6つの軸。ある共通点があるんです。
  
  それは「コミュニティ」であるということ。
  どんなに小さくてもそれが1個のコミュニティですから
  構成要員である、自分たちがなんかするとそれがダイレクトに
  影響するんです!

  だからこそ、自分でなにかをしてみたいですよね。

人生の座標軸──「起業家」の成功方程式
人生の座標軸──「起業家」の成功方程式

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

リーダー論の関連記事

▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

seo great banner

Copyright© 2005 - 2020 エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.