スポンサードリンク
エンジニアがビジネス書を斬る! > リーダー論 > 最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと [by マーカス バッキンガム(著)]

最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと [by マーカス バッキンガム(著)]

2006-06-03
最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと 最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと
マーカス バッキンガム Marcus Buckingham 加賀山 卓朗

日本経済新聞社 2006-01
売り上げランキング : 1496
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2006/06/03

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『たった一つのこと??』

   もっともキモになることは何だ?
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『隠れた法則』   『マネージャーとリーダー』

 『チェスをする』   『アンバランス』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『最高のリーダー・マネージャーは何を考えている?』
                              
   自分がモデリングするためにも知りたい
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『マネージャーはチェスをする』
 ▼『リーダーは普遍的なことを見つける』
 ▼『何をするかではなく何をしないか』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『マネージャーはチェスをする』
  マネージャーの本質ってなんでしょうか??

  それは・・・・・グループの成果を高めること
  さらに紐解くと「メンバーである部下の一人一人が生産的に
  仕事をしてもらえる環境を作り出すこと!」
  
  これがマネージャーの本分なのです。

  ということは・・・部下の一人一人のことを
  違った形で理解していなくてはいけません。

  そう、まるで「チェス」のように。
  
  著者が外人なので「チェス」ですが、日本人だったら「将棋」
  というたとえがいいかもしれませんね。

  すべての駒は、違った役割と得意な動きがあります。
  
  その「強み」と「弱み」を理解していないと
  あっさりと負けてしまうのがチェスであり将棋であるわけですね。

  チェスも将棋も、駒それぞれの特徴を変えることはできません。
  #成金は例外ですが。
  
  実はこれはマネージャーが部下を指導していくときも同じ。
  弱みをなくそう!とがんばることは
  労力に対して成果が少ない手法なのです。

  そうではなくて、「強み」を理解した上で
  強みにあわせた「役割分担」を割り振るべきなのです。

  その結果、チームとしてすばらしい成果を出すことができるのですから。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『リーダーは普遍的なことを見つける』
  逆に・・・リーダーとは

   よりより未来に向けて、人々を一致団結させる

  それがミッションでもあり、実際そういう行動をとります。

  特徴としては
   ・常に現状に満足しない

   ・楽観主義であり

   ・自信・確信をもっている

  といえます。

  そういうリーダーの話を聞いていると
  リーダーの語る未来が、自分たちの未来のように見えてくるんです。

  会社の社長というのは、まさにそういう立場にあるべき人。

  「クレド」「ビジョン」などが会社には必要だ!という
  声もたくさんありますが、
  もっと簡単に考えると、リーダーである社長が
  
    「われわれは誰のために存在しているのか?
          = 誰に敬意を払うのか?」
  
  ということを、決めればそれを満たすように動くことが
  会社という組織の「ビジョン」になるはずです!

  そのビジョンをかなえるためには
  「核となる強み」を打ち出さないといけないのですが
  実はこのときには、まだ「現実ではない強み」であっても
  【明確であればOK】なのです。

  なぜ?

  明確に語り続けることができたならば
  それが組織にとっての未来像にほかならないわけですから
  そちらに向かってみんなが進み、将来において
  それも近い将来においてかなえることができる確率は
  かなり高いからです。

  リーダーである社長自身が、全速力でつっぱしる起業家の
  場合には、なかなかビジョンを語ることはできないかもしれませんが
  それができているリーダーは飛び抜けている!ともいえますね。

  

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『何をするかではなく何をしないか』
  成果を上げる、成功することを考えたとき
  リーダーであってもマネージャーであっても、必ず考慮するのが
  
   「何をするのではなく、何をしないか」

  であるべきなのです。

  というのは・・・もしあなたもしくはあなたのチームが
  持っている資源、いわゆる時間やお金が無限にあるのであれば
  「何をしようか」から考えていけばいいかもしれません。

  でも・・そんなことはまずありません。

  メンバーは限られていますし、締め切りもありますから
  持っている資源=リソースは有限なのです。

  ということは、その資源を使うべきではない!と
  思われる対象を最初に切り出して、それに対する資源の投入を
  やめなくてはいけません。

  その結果、初めて残ったモノこそが、われれれが
  全力で持てる力を投入すべきものになるのです!

  エンビジでもなんどか取り上げた「ロングテール」は
  どうなるんだよ?というつっこみをいただくかもしれません。

  あれは、すべてのモノに対して薄く広く手を広げる
  イメージがありませんか??

  実は・・・前提条件の「リソース」が違っているのです。

  なぜか?ロングテールが適用できる条件は
  それに取り組む際のコストが非常に低い、つまり翻ってみれば
  リソースの投入がほとんど必要ないという前提の元に
  初めて成立する内容なのです。

  ですから、これまでのリアルビジネスではなかなかできなかったことが
  コストがほとんどかからないインターネットの世界で
  実現ができるようになったんですね。

  リソースが有限であると自覚できるときには
  かならず「何をやらないか」を決めるところから取り組まないと
  いけませんね。
 

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『それぞれの役割をアンバランスに果たす』
                              
   統合されることで、すばらしい成果が現れる
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 リーダー・マネージャー・個人とそれぞれが
 果たすべき役割は、違っていると言うことがよくわかりました。

 これが大規模な組織で、それぞれがそれぞれの役割だけを
 果たして入ればいい!という組織の一員であれば
 異なった役割だけを考えていればいいのかもしれません。

 しかしながら、起業家であることを考えると
 すべての役割が自分の内面として存在しているはず。

 つまり「アンバランス」な状態なのです。

 でも。。。実はそれがいいことがあるのではないか?と
 思うのです。

 漠然ととらえてしまっている気持ちですが
 自分の中に3つの役割をもち、それを切り替えることができる
 そうであれば、まるるちゃんという人間にはとても高い「ブランド価値」
 がつくとおもいませんか?

 どれもが中途半端という意味ではないですよ。

 まずは少人数の組織である限り、個々人の能力を最大限引き出す
 ことと、その方向性を一緒の未来に向けることは
 必ず両立させないといけないのですからね!

 それができてこそ、初めて生き残る「起業家」になることが
 できるんでしょうね♪

最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと
最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

リーダー論の関連記事

▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

seo great banner

Copyright© 2005 - 2017 エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.