スポンサードリンク
エンジニアがビジネス書を斬る! > 経済 > お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門

2004-09-02

●お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門
橘 玲 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344002628/maruruchan-22

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『拾うとお金持ち?』                 
┃                            
┃   どうやって拾うのだろう・・            
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード
 『知識-近道』
 『国』
 『税金』
 『実質税負担』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『黄金の羽根を拾うには?  』            
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
 ▼『ゆがみ-官僚制度・徴税システム』
  ゆがみのない社会であれば、黄金の羽根はなかなか落ちていません。
  今の社会にいろんなゆがみがあるからこそ、羽根ははらはら
  舞っているんですね。
 
  例えば公的融資制度。官僚組織は、「貸付残高」がもっとも大事なので
  貸すことに主目的おいて、審査が甘くなります。これは残高が減ると
  次年度の予算を減らされてしまうからです。

  税金が投入される教育ローンなんかも、リスクが低いために
  利子が低く、得をするようにできてますよね。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『個人事業は法人成りせよ』
  個人で事業を行っている人は、法人になったほうがいい。給料を
  所得税が発生しない範囲で支給するようにすることができ、
  税負担がへるからだ。

  このように、制度にゆがみがあるとこれをつくことが
  黄金の羽根を拾うことになる。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
┃ 『ゆがみを知る』    
┃             
┃   羽根をむしられるだけではだめだから
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 ゆがみのない社会が理想だと思います。
 が、現実問題そうは言っていられないので、それならば
 一方的に羽根をむしりとられないように、ゆがみを知るように
 努力しないといけないと思います。

●お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門
橘 玲 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344002628/maruruchan-22

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

経済の関連記事

▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

seo great banner

Copyright© 2005 - 2021 エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.