スポンサードリンク
エンジニアがビジネス書を斬る! > 仕事術 > 理解する技術 情報の本質が分かる [by 藤沢 晃治 (著)]

理解する技術 情報の本質が分かる [by 藤沢 晃治 (著)]

2005-11-26
理解する技術 情報の本質が分かる 理解する技術 情報の本質が分かる
藤沢 晃治

PHP研究所 2005-04-16
売り上げランキング : 2,357
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2006/01/05

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『本質をとるには?』

   膨大な情報に隠されている本質はほんの一握りのはず。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『アウトプット』   『ナスカの地上絵』

 『脳内関所』   『仮説』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『情報を手っ取り早くつかむには??』
                              
   情報はほしい、でも時間も惜しい。違います??
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『他人に教えることを前提とする』
 ▼『全体像から-頭で目次を作る』
 ▼『』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『他人に教えることを前提とする』
  目的なくやっていることって、後で残らないことって
  多いですよね?

  ということは逆に考えれば、目的があれば頭に入るということです。
  
  これいろんな成功法則で言われていることです。

  それは情報をつかむときでも同じ。
  自分にとって必要な情報であればあるほど、脳に入るんです。

  そこで、情報を得るときに「他人に教えること」を前提にしてみましょう。
  つまり「アウトプット」をせざるを得ない状況にするんです。

  すると、教えるためには自分がちゃんと理解していないといけませんから
  必死になって読みますよね?(笑)

  まるるちゃんの「エンビジ」がまさにそう。
  「エンビジ」でご紹介するということは、ちゃんと読んでいないと
  いたるところで突っ込まれてしまうんです(^^;;)

  だもんですから、必死に読みます(笑)

  おかげで、一番勉強になっているのがまるるちゃんというわけです。

  ホント読んでくださるあなたを始め、26000名の読者様が
  いるからこそ、まるるちゃんがあるわけです!!

  この状況っていわゆる「ニワトリとタマゴ」の関係だと思いません?

  教えるから、脳に取り入れることができるのか
  脳に取り入れたから教えることができるのか・・・。

  だったら、最初は教えることを「前提」として始めることで
  この流れを起動に載せませんか?

  
  いったん流れが回り始めると、あとはそれに乗っていくのは
  最初ほど苦しくないですよ♪

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『全体像から-頭で目次を作る』
  この「エンビジ」を読んでいる方で「フォトリーディング」という
  言葉を聴いたことがない!という方はいないと思いますが・・。
  #中身は知らなくても。

  ざっと見渡す!ということをフォトリーディングでもやります。
  詳しくは ->http://www.photoreading-japan.com/

  ですので、「全体像から眺める!」というのは
  まるるちゃんにとってはとてもわかりやすい内容です。

  そして、藤沢さんが薦められているのは「頭で目次を作ること」
  たとえば読書なら本の中に書かれている項目同士の関係を
  自分で描いておくんです。

  すると、先ほど前提とした「アウトプット」をするときに
  とてもやりやすくなります。
  

  何が?というと「量=ボリュームの調整」や「重み付け」
  をどうすればいいか?というところがです。

  全体が見えていないと、配分なんて考えられないですものね。

  まるるちゃんも、【エンビジ】を書くときに
  自分の書いたマインドマップを見ます。

  「全体の本の中でまるるちゃんが得たのはこれが全部だな。」

  これを確認した後で、ではメルマガではどの部分を掘り下げて
  取り上げようかな?

  こんな感じで進めていくんです。

  「この掘り下げる」というところで、
  本から離れて、まるるちゃんの経験や想いから発せられる
  言葉に変わっていく。

  これが【エンビジ】を作っているんです音符

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『』
  

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『仮説をたててから情報に臨む』
                              
   検証できても、仮説がはずれてもいずれもメリットがある。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 薄い本でしたが、本質を突いていると思いました。

 フォトリーディングにもつながる概念だな!と。

  
 ですので、まるるちゃん自身、自分の読書+エンビジ発行!という
 スタイルは結構いけているんだ!と再確認できたのも 
 とってもありがたかったです♪

 藤沢さんがすごいなあと思ったのは、本の中に書いた書き込みや
 メモ帳に書いたことなどをすべて、その後に清書しておくということ。
 
 まるるちゃんもエンビジを発行するために、
 自分の読書時に書いているノートを見ながら文章を書いていますが、
 さすがにすべてをパソコンに転記はしていません。

 だれかまるるちゃんの汚い字で書かれているマインドマップを
 パソコンにきれいに清書してくれる人いないかなあ(笑)

理解する技術 情報の本質が分かる
理解する技術 情報の本質が分かる

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

仕事術の関連記事

▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

seo great banner

Copyright© 2005 - 2018 エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.