スポンサードリンク
エンジニアがビジネス書を斬る! > 仕事術 > 1時間の仕事を20分で終わらせる―ダンドリ上手になる技術 [by 秋庭 道博 (著)]

1時間の仕事を20分で終わらせる―ダンドリ上手になる技術 [by 秋庭 道博 (著)]

2006-01-12
1時間の仕事を20分で終わらせる―ダンドリ上手になる技術 1時間の仕事を20分で終わらせる―ダンドリ上手になる技術
秋庭 道博

かんき出版 2005-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2006/01/22

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『時間を有効に使うには?』

   最近効率が下がってきているので、活を入れます!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『勢い!』   『△△時54分の行動学』

 『サポートしてもらう秘訣』   『夢を持つ』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『時間の達人になるには?』
                              
   少しでもその域に近づくために。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『勢いをつける-まずは1勝!』
 ▼『△△時54分の行動学!-先んずれば・・』
 ▼『抱え込むより吐き出す!』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『勢いをつける-まずは1勝!』
  何事も、出だしが肝心ってことです!

  勝負の世界でもそうですよね?

  なぜどのチームも開幕戦にエースをもってくるか?といえば
  最初に勝ちたい!!からですよね。

  われわれの毎日もそうです。

  朝の一番最初に「どよ~ん」としていればそこから回復するのは
  とても大変(泣)

  逆に朝の調子がいいと、そのままの勢いで午前中はもちろんのこと
  1日がとても快適になっちゃいます♪♪

  その【勢い】こそ、時間の段取り名人の秘密の武器のひとつ
  みたいなんです。

  ですから、われわれもそれを借用しちゃいましょう。

  そして、凡人だからこそ「目に見える形」で「勝ち」を得るんです。

  営業結果がよかった!など数字の形で現れていれば最高ですが
  なかなかそうもいきませんね(^^;;)

  ですから、毎朝駅までダッシュして、予定通りの電車に乗れたら○。

  駅で見かけるかわいいあの子を見かけたら◎(笑)
  かっこいい憧れの先輩が笑ってくれたら◎◎。

  というのでOKです。
  #【エンビジ】は決して、ラブコメディのメルマガではありません・・(爆)

  小さなことでいいので、目に見えて自分がうれしくなることを
  最初の【勢い】として1日がはじめられるようにしましょう~。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『△△時54分の行動学!-先んずれば・・』
  「じゃあ、16時から打ち合わせしますか!」

  こう言っていて、16時から始まることはまずありません(^^;;)

  だいたい16時ごろに「ああ、そろそろいかないといけないなあ」

  なんて動き出すのが関の山です(^^;;)

  その場合は、だいたい15分くらいして全員がそろって
  始まるって感じですね。
  それも、主催者がみんなを呼びに行ったりしてようやく・・・

  秋庭さんが聞いたら、めちゃくちゃ怒られそうです。。。(泣)

  これって、それが当たり前になってしまっているからなんでしょうね。

  ですから、「そうじゃない!時間きっちりじゃないと残り時間は
  ないんだよ!」ということをわかってもらうようにしないといけません。

  それには・・・
    【中途半端な時間のスタート=△△時54分の行動学】

  を提唱されています。

  そう、中途半端な時間を設定することで
  「これは時間に余裕がないんだ!」という思いを無意識に刷り込むためです。

  この「中途半端時間の薦め」というのは
  何度か本で読んだこともあって、その効用も知っていたのですが
  【△△時54分の行動学】というキーワードにまとめている
  ところに惹かれました(笑)

  やっぱりキャッチーなキーワードってとても意味がありますね♪

  あとは、設定した会議(自分が主催)を
  忘れないようにしないといけません・・・・・・(爆)

  #たくさん反省しています・・・・・(汗)

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『抱え込むより吐き出す!』
  一番困るパターンって

   【仕事を抱え込んで爆死する人】

  だったりしませんか?(泣)

  できるというからお願いしたのですが
  締め切りぎりぎりになって「やっぱりできません・・・」

  というやつです。

  もちろん監督不行き届きな自分に責任がありますけどね(泣)

  ですからこれを反面教師としましょう。

  そう、できないものは「吐き出す」のです(笑)

  といってもむやみやたらと吐き出すのは・・・(以下自粛)

  だめですよ。
  心におきたいことは、スポーツをイメージしてみましょう。

  サッカーの球技では「オープンスペース」を有効に活用しますよね?

  誰もいないところに、球をだすことで戦術を大きく転換し
  場面を打開できるわけです。

  ということは、いつまでもボールを自分でキープしていては
  いけないのです。

  仕事を頼むときもいっしょ。

  相手が不足しているものはないだろうか?
  自分のほうでなにか準備しないといけない準備立てはないか?

  これを全部クリアしていれば、【仕事に必要なもの】
  というボールは自分の手元ではなく、相手のところにあります。

  この状態になって、初めて「ちゃんと任せている」と
  いえるのではないでしょうか・・・。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『ボールをオープンスペースに出す!』
                              
   そして、それを受け取ってもらえるような人間になろう
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 まるるちゃんが運動神経がないからかもしれませんが(泣)
 ボールを持っていると、ボールへの集中力が高くなってしまって
 周りを見渡すことがなかなかできません。

 
 もちろんフィールド全体を見渡すなんて(泣)

  
 ということは全部を自分で抱えていては
 やっぱり仕事を全体として見渡すことはできていない!ということ
 になりますよね?

 できる限り、自分が任せると決めたことに関しては
 自分の手から離さないといけないのです。

 そして任せたからには、その仕事のうち
 自分がかかわる部分に関しては早く、終わらせて
 彼(もしくは彼女)が自分の裁量でできるようにしてあげないと
 こちらのスピードで律速してしまいますから、
 任せた意味がなくなってしまいます。

 だからって、「じゃあ適当にやっておいて」と放り出すのは
 相手がとれないようなラインの外にボールをけりだすようなもの。

 【オープンスペース】は、その後の戦術に生きてこその
 オープンスペースです。

 ちゃんと受け取ってもらえる【ボール】を投げるように
 しないと、いけないのはもちろんです。

 サッカー・バスケなどは「ゴールを奪う」という共通の目的
 があるからこそ、オープンスペースのボールでも受け取ってくれる
 じゃないですか?

 仕事で、相手に「共通の目的の元にがんばっている!」
 と感じてもらえるように、まるるちゃんも自らを律しないと!
 とがんばります。

1時間の仕事を20分で終わらせる―ダンドリ上手になる技術
1時間の仕事を20分で終わらせる―ダンドリ上手になる技術

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

仕事術の関連記事

▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

seo great banner

Copyright© 2005 - 2018 エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.