スポンサードリンク
エンジニアがビジネス書を斬る! > 成功哲学 > 上達の法則―効率のよい努力を科学する [by 岡本 浩一(著)]

上達の法則―効率のよい努力を科学する [by 岡本 浩一(著)]

2006-08-08
上達の法則―効率のよい努力を科学する 上達の法則―効率のよい努力を科学する
岡本 浩一

PHP研究所 2002-05
売り上げランキング : 4796

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2006/08/08

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『効率の良い努力をするために』

   せっかく頑張るのであれば
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『一芸に秀でた経験』   『スキーマ』

 『チャンク』   『脱皮』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『上級者になるためには?』
                              
   中級者との間には明確な溝があるようです
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『上達を知ること-見え方が違う』
 ▼『よりよいスキーマ』
 ▼『中級者から上級者への脱皮』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『上達を知ること-見え方が違う』
  例えばですが、日本人で英語が得意な人が
  他の外国語を取得しようとしたときに
  不得意な人に比べて、上達の度合いが早いと思いませんか?

  これはなぜか?というと・・・
  「上達」というものを知っているから
  いいかえると、自身が一旦「上達」の道を通ったことが
  あるからなのです。

  どんなことでもそうだと思いますが
  過去に経験があることに類似した事って、本当に
  始めてやるときよりも、勘も働き、テンポ良くできませんか?

  「上達」というものも、一般的な法則がある
  ということなんだと思います。

  
  それが自分自身の体の一部になっていくんですね。

  それが何がいいか?というと、
  今の自分の活動は、上達において
    どの位置にいるんだろうか?

  ということを把握できると言うことです。
  ゴールに対してどれくらいまできているのか?
  ということを知っているか知らないかでは
  心理的余裕が全然違いますからね。

  後藤芳徳さんとお話ししていてよくお聞きするのが
  「まず何か一つのことに全力でがんばれ!」ということ。

  これも、全力で頑張って何でもいいから何かを
  成し遂げた経験が、その後に絶対に生きてくるからなんですね!

  後藤さんの著書は、エンビジでもよく紹介しています~。
 http://www.enbiji.com/archives/2005/10/_by_67.html

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『よりよいスキーマ』
  スキーマとは「枠組み」という意味でよくつかわれるもの。
  「スキーム」という言葉でも使うかもしれません。

  上級者の中に作られる「スキーマ」は
  中級者のモノに比べてよりよりであろうということは
  予想できますよね?

  では、どのように違うのでしょうか?
 
  本著では、それを「コード化」というキーワードで
  捕らえています。

  人の脳の構造は以前にエンビジでも書いたことがありますが
  「ワーキングメモリ」というわれる短期メモリと
  それ以外の中・長期メモリとに区分することができます。

  このワーキングメモリは数百ミリ秒~数秒程度の間しか
  記憶することができませんが、長期記憶に入っている記憶は
  ここにロードすることで有効活用ができるのです。

  ところが・・・このワーキングメモリには
  普通の場合7~9個の情報しか入れることができません。
  (この単位をチャンクといいます)

  電話番号も、ランダムなのでだいたいこの数字の個数くらいまで
  ですよね???

  ところが、あくまで「チャンク」という単位ごとなので
  1つのチャンクにはいる情報量は人によって違います。

  そう、上級者であれば1つのチャンクにはいる情報量を
  多くすることができるのです。

  そのために必要なのが「コード化」
  関連する一連の流れを言語化することで、一つのチャンクに
  入れることができるようになるのです。

  それができるようになる!ということは
  全体の流れの中から、固まりを自由自在に切り出せると言うことですから
  上級者ということにもなりますが(笑)

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『中級者から上級者への脱皮』
  では、中級者から上級車への壁はどのように乗り越えれば
  いいのでしょうか??

  本著のこの章では段階を追って書かれていますが
  もっとも注目して欲しいのはここです。

  「最初は得意なモノにこだわること」

  なぜか?それは・・・
  まるるちゃんも同感なのですが、得意なことというのは
  自分自身の「中核=自己アイデンティティ」になると
  思うからです。

  
  まるるちゃんの場合、エンジニアとしてのキャリアが長くて
  趣味としてWebページを書いたり、CGIを作ったり
  していました。

  そこで、ネットで活動を始めるに当たっても
  「エンビジ」というメルマガを書く際に、システム的な
  考え方というものを使っていこうと決めていました。

  自分自身で簡単なシステムを作ったりして
  周りのメルマガ作者さんとの交流を深めることも
  できましたし、
  他の人がなかなかできないようなやり方でネットビジネスにも
  取り組むことができました。

  これも、まるるちゃんが得意としていた「システム思考」
  に特化して進めていったからだと思うのです。

  「好きこそものの上手なれ」という言葉があります。

  まず自分の得意なことで、上達の道の第一歩を踏み出していくと
  その結果として「ああ、これはそんな課程の一歩だったんだ」
  と振り返ると気がつくことがたくさんあります。

  最初のうちは「自分がどこにいるかわからない」状況で
  がんばらなくてはいけませんから、モチベーションが下がらない
  ためにも、「自分の得意なこと」で道を進めていくのは
  とってもいいやり方だなぁと改めて振り返ってみました。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『まずは得意なモノにこだわる』
                              
   「上達論」を身につけるためにも
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 自分が実践した後に、理論を知るととても納得ができることが
 多いですね。

  
 観光に出かけた後で、ガイドブックを読み返すと
 よりわかりやすいというのと同じです(^^;;)

 ほんとはちゃんと前もって読んでおいた方がいいんですが(爆)

 ひとつでもいいので「上達」することができると
 それを武器にして、新しいジャンルを開拓していくことができるのです。

 それも、それまでとは全く違うスピードで!!

 このスピードが違うと言うことがとても大事なことだと
 思います。

 たぶん、集中しなくても時間をかければ
 ちゃんと高いレベルに複数のモノを同時に高める事って
 できるのかもしれません。

 でも・・・一旦高いレベルにあがってから
 周りを見渡した方が、絶対にいろんな新しい展開が
 見えてきます。

 
 そうです。
 あなたが今想像したとおり、「上達した人」同士の
 つながりがあるからです!

 まるるちゃんも早くそこに入れるようにどんどん
 がんばります~

上達の法則―効率のよい努力を科学する
上達の法則―効率のよい努力を科学する

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

成功哲学の関連記事

▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

seo great banner

Copyright© 2005 - 2017 エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.