スポンサードリンク
エンジニアがビジネス書を斬る! > 成功哲学 > 実践ローリスク起業成功法―カネ・コネ・経験がなくてもOK! [by 谷口 和弥(著)]

実践ローリスク起業成功法―カネ・コネ・経験がなくてもOK! [by 谷口 和弥(著)]

2006-09-16
実践ローリスク起業成功法―カネ・コネ・経験がなくてもOK! 実践ローリスク起業成功法―カネ・コネ・経験がなくてもOK!
谷口 和弥

大和出版 2006-07
売り上げランキング : 50340

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2006/09/16

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『リスクが低く育てるには?』

   いきなりこけることはできませんから
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『身の丈にあった』   『お金を作る経験』

 『金のなる木』   『プロセスを把握せよ』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『一歩踏み出したらどうする?』
                              
   その先につながるためには
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『身の丈にあった-お金を作る経験』
 ▼『お金の壁を乗り越える』
 ▼『時間の壁を乗り越えるには』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『身の丈にあった-お金を作る経験』
  本著を通して強調されているキーワードに
      
      「身の丈にあった」

  というのが、あります。

  自分がいま、何も商売をしたことがないステージ
  もしくは、複業を始めたレベルのステージ

  などなど、自分自身が今どんな状況なのかを
  把握して、それにあった○○をするのです。

  その、○○とは・・・

    「お金を自分で作る経験」

  です。

  サラリーマンは「組織としてお金をつくる」
  経験を積んでいますが、「自分で」作る経験は
  残念ながら持っていません。

  だからこそ、小さなことから「自分でお金を作る経験」
  を積んでほしいのです。

  というのは、、、小さなことでも「自分でお金を作る経験」
  を積むと、あとはそのスケールと回転数をあげていくというのが
  ビジネスの基本になるからです!

  
  まるるちゃんの場合、一人でお金を作る経験は
  なんだっただろうな~と思うと、学生の頃に
  請負でプログラム作成をしたことかな~と思います。

  厳密には営業を外部に委託していましたから
  「一人」ではないのですが、仕様のやりとりなどを
  お客様と折衝して、実際の納品までをてがけましたから
  アルバイトと違ってとっても貴重な経験に
  なりました♪

  そして「時間給」ではない働き方をしたというのも
  当時にしてみたらとっても大きかったですね♪

  まさに、今につながる道筋でしたから。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『お金の壁を乗り越える』
  起業をする際に、問題になることの一つに「お金がない」
  という不安があります。

  これは実は「起業前」と「起業後」にわけて
  考えないといけません。

  まず、起業前。
  お金がないから起業できません!という声があると
  著者の谷口さんは「お金のかからない方法の起業を考えましょう」
  という趣旨のことをおっしゃるんだそうです。

  お金がないのに、立派な事務所とお店を構えて
  その初期投資が・・・という発想から離れないといけない!
  ということ。

  これが「身の丈にあった起業」ですね。

  起業=独立ではないのかなとこれを読んでいて
  まるるちゃんは思いました。

  自分でビジネスを起こすことが起業ですが
  それだけに頼る生活にいきなり頼るのはとっても危険。

  だったら、自分のできる小さな規模から初めて
  経験を積んで、規模を拡大していく方が
  理想的だなと、谷口さんの「身の丈」という言葉を
  もう一度確認していました。

  まるるちゃん自身がまさにそのパターンでしたからね。

  さて、お金の壁:起業後
  はどういうものなのでしょうか?

  それは・・・「お金がなくなってしまうかもしれない不安」

  たとえば「生活費」や「運転資金」

  どちらもなくてはならないもので
  これが不足してしまうと、とんでもないことになります。。。

  さて、何か気がつきました?

  そう、不足するって、収益がいくらになると不足するのか?
  ってことですよね。

  数字にしておかないといつまでたっても不安なままですから
  ちゃんと数値化しておかないといけないのです。

  生活費・運転資金ともに、月々最低限かかる金額
  というものがあるとおもいます。

  谷口さんはその6ヶ月分を目安に蓄えがあれば
  大丈夫とおっしゃっています。

  まるるちゃんは、貧乏性で(笑)生活費はまだまだそんなに
  かかっていませんから、運転資金と併せて
  この基準値は達成中です。

  あとは規模を拡大していくことを考えたときに
  どうなるかですね・・・(笑)

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『時間の壁を乗り越えるには』
  さて、もう一つ大きな壁が「時間の壁」です。

  起業してみたい!
  そこまで行かなくても「メルマガを書いてみたい」
 
  でも・・・・時間がないんです。

  これが「時間の壁」ですね。

  まるるちゃんの場合、どうしたか??というと

  「やりたいことだからやる!」という形で
  乗り越えました(笑)

  自分でビジネスを始めよう!と思っているならば
  24時間働けていますか?と谷口さんはおっしゃいます。

 あ、24時間ぶっ通しで働き続けなさいという意味ではないですよ。
 #そんなことは不可能ですから・・・

 そうではなく、「仕事のことが常に頭の中にあるか」
 ということです。

 常に頭の中に仕事のことがあると

   あ、これ思いついたからやりたい!

   こんな風にしたらよくなるんじゃないか

 そんなことがたくさん思いつきます。
 なぜなら、「アンテナ」がたって、仕事に関連する
 インプットがどんどん集まって来ちゃうからなんです!

 すると・・・その結果として「アウトプット」も豊富に
 うまれてきます♪

 やりたいことがあったら「時間の壁」ってかなり低くなるんですね。

 だって・・・他のことをやるよりも、楽しい=ドーパミンがでる
 ことなんですから。

 
 まるるちゃんも、サービスを立ち上げるときに
 会社から帰って一生懸命プログラムを作っていたことを
 思い出します。

 このサービスが動いたらどんなに楽しいか!
 そんなことを思っていました~(笑)
  

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『恐怖は書き出して解決しろ』
                              
   わかっていないからこそ怖いのだ
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 あたりまえのことですが「わかっていないこと」 
 というのは不安の大きな材料になります

 逆にわかっていること、というのは
 最悪の事態もここまでで止まるということが予測できますから
 不安の要素がとっても減るんですね。

 今回の著者の谷口さんは14歳から起業された
 という筋金入りの起業家。

 そう聞くと「谷口さんだからできたんでしょ」
 と思うかもしれません。
 実際にまるるちゃんもそう思いました(笑)

 ただ、本著を改めて読み返してみると
 元々すごいから成功したのではなく
 きちんと繰り返して「積み重ねた」からこそ
 成功したんだなと思います。

 最初の一歩はだれでもできることかもしれません。

 でもそれを「継続して」「積み重ねて大きくする」
 ことができて初めて「成功」にたどり着くんでしょうね。

実践ローリスク起業成功法―カネ・コネ・経験がなくてもOK!
実践ローリスク起業成功法―カネ・コネ・経験がなくてもOK!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

成功哲学の関連記事

▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

seo great banner

Copyright© 2005 - 2017 エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.