スポンサードリンク
エンジニアがビジネス書を斬る! > 成功哲学 > 頭がいい人の習慣術 [by 小泉 十三]

頭がいい人の習慣術 [by 小泉 十三]

2006-08-16
頭がいい人の習慣術―この行動・思考パターンを知れば、あなたは変わる! 頭がいい人の習慣術―この行動・思考パターンを知れば、あなたは変わる!
小泉 十三

河出書房新社 2003-05-23
売り上げランキング : 9873
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2006/08/16

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『頭のいい人の思考・行動パターンは?』

   まるるちゃん自身がそうではないから知りたい(笑)
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『見切り発車』   『隠し時間』

 『マルチな二流』   『心を耕す時間』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『頭がいい人の頭の使い方は?』
                              
   取り入れるべき違いをさがすために
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『見切り発車する勇気』
 ▼『「狂」:狂うほどの集中力』
 ▼『マルチな二流をめざす』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『見切り発車する勇気』
  100点満点のテストで、100点満点をめざすべきかどうか?

  ということを考えたとき、頭のいい人は最後まで100点に
  固執することはありません。

  特に、スタートする段階はそうです。
  先がわかりませんからいろいろ不安なこともあります。

  そのために、一生懸命準備するのですが
  この準備にばかり目が向いてしまって
  「まだまだ準備が足りない!」と最初のスタートを切ることが
  できなくなってしまうのです(^^;;)

  そこで、頭のいい人はどうするか?というと
  最初にすることは「期限を決めること」なのです。

  そして、その期限までは一生懸命準備したり
  実際の仕事をしますが、期限がきたら

    「見切り発車」する勇気をもっているのです!

  こうすると何がいいのか??
  それは、「やってみないとわからないこと」がすぐに
  見えてくる!ということなんですね。

  一生懸命頭で考えていても、いざ実際にやってみると
  想定していなかった問題なんかも発生します。

  これは一生懸命前もって考えても、何が問題になるか
  などということはわかりませんから、やってみるしかない!
  そういうことです(笑)

  まるるちゃんの場合には、逆にこれがいきすぎて
  行き当たりばったりになっているときも多いので
  逆に注意しなくてはいけないのですが(爆)

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『「狂」:狂うほどの集中力』
  集中力が大事!というのはまるるちゃんも含めて
  誰もが同意することだと思います。

  
  でも、ではどうやって集中力を持つのか?という
  話になりますよね。

  
  そんなときに、おもしろい話を本著で見つけました。

  映画「仁義なき戦い」の撮影秘話なんだそうですが
  監督が、撮影を24Hぶっ続けで眠らずに続けたんだそうです。

  すると、俳優さんは。。。だんだん目が血走ってきます。

 
  そこにさらにお酒を飲んで貰って撮影すると・・・

    本物の切ったはったのムードが生まれてきた!

  んだそうです。

  これも、撮影以外のことを全く考えられないような
  究極の極限状態に追い込んだからこその、うまれてきた
  「狂」ではないでしょうか?

  明治維新の際の、松下村塾の門下生は、自分たちの名乗りに
  「狂」という一文字を入れると言うことを好んだと言います。

  これも、大名でも何でもない自分たち下級志士が
  世の中を作り替えるには「狂うしかない!」と思うほどの
  集中力というエネルギーを持とうとしていたからではないかと
  まるるちゃんは思うわけです。

  まるるちゃんも、家族からは「ネットに狂ってる」といわれます。
  ついでに「ビジネス書に狂ってる」とも(笑)

  そう言う意味で、少しでも結果を出すためには
  自然とそうなっていくのかもしれないな~とか思います。

  まるるちゃんは、自分で思う分にはまだまだですけどね。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『マルチな二流をめざす』
  一流なんだけど、成功しない!

  こんな話を聞いたことがありませんか?

  
  なぜか?と考えてみるとそんな一流な彼らでも
  問題点がひとつあったからなんです。

  それはコミュニケーション能力が低い場合です。
  一般的に悪い言葉で言えば「専門バカ」というやつですね。

  と、いわれると、理系人間としてはとっても耳が痛いです(^^;;)
  大学の研究室とかにいると、そうなってしまうパターンを
  よく見てきましたから・・・。

  もしあなたが一流を目指すなら、ダントツで一流になることが
  できれば、周りからきっちりフォローしてもらえます。
  それだけ、あなたに価値がありますからね。

  でも、まるるちゃんのような凡才の場合には
  そこまでたどり着けない可能性が高いので(泣)

  そんな場合には「マルチな二流」を目指しましょう!

  一つだけの二流には価値が少ないですが
  (だって一流がいますからね)
  2つ以上のマルチなジャンルで2流になれば・・

  その組み合わせによってこれまでにないものを
  新しく生むことができるのです!

  それが価値のあるモノであれば、その時点であなたが
  第一人者になりますよね!!

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『マルチな二流を目指そう』
                              
   結びつけることが自分の強みになる!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 まるるちゃんも、エンジニアとしても一流ではありませんし
 ネットビジネスの世界でも第一人者ではありません。
 そして、ビジネス書のジャンルでも。

 
 でも、このすべての条件を兼ね備えた人というのは
 なかなかいません。

 マルチな二流というところまで達しているかどうかは
 まだまだですが、マルチな分野に対して取り組んでいることは
 間違いありません。

 
 そのおかげで、エンビジも発行して
 あなたを初めとする沢山の方に呼んでいただいていますし
 そのメルマガ作者とエンジニア的発想を結びつけることで
 自分のビジネスを展開し始めることもできました。

 すべては「自分にできることはなんだろうか?」
 と繰り返し考えるようにしているからだと思うのです。

 「できないからやらない」という発想よりは
 「できることはこれだ」と思いつくことで
 その思いつきをいかにして、実現させるかを考える方が
 前向きだと思うんですよね。

 すべての思いつきを実現させることは
 もちろんなかなか出来ません。

 でも、たくさんの思いつきのうちの一部でも実現することが
 できるのであれば・・・・・・・

 それだけでとっても楽しいことになります(笑)

頭がいい人の習慣術
頭がいい人の習慣術

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

成功哲学の関連記事

▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

seo great banner

Copyright© 2005 - 2017 エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.