スポンサードリンク
エンジニアがビジネス書を斬る! > 成功哲学 > 成功遺伝子―この行動が8つのDNAを目覚めさせる [by トーマス・L. ハリソン (著), メアリー・H. フレイクス (著),]

成功遺伝子―この行動が8つのDNAを目覚めさせる [by トーマス・L. ハリソン (著), メアリー・H. フレイクス (著),]

2006-06-01
成功遺伝子―この行動が8つのDNAを目覚めさせる 成功遺伝子―この行動が8つのDNAを目覚めさせる
トーマス・L. ハリソン メアリー・H. フレイクス Thomas L. Harrison

サンマーク出版 2006-04
売り上げランキング : 125390
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2006/06/01

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『成功する要因とは?』

   遺伝的に決まるんでしょうか??
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『成功DNA』   『勝つ脳』

 『前方に焦点を合わせる』   『曲がり角の向こう側を見る』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『起業家として成功する要因とは?』
                              
   自分が先頭に立ってやっていくことを考えると
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『遺伝子はレシピのようなもの』
 ▼『前方に焦点を合わせる』
 ▼『曲がり角の向こう側を見る』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『遺伝子はレシピのようなもの』
  成功が、「遺伝」によって決まってしまう!と言われると
  「では生まれてきた時点で、私が成功するかどうか決まってしまうの?」
  と思うかもしれません。

  まるるちゃんも「成功遺伝子」という言葉を最初に見たときには
  そんな風に思いました。

  でも、本著では「遺伝子はレシピのようなものである」と書かれています。

  というのは、決まっているモノではなく、あくまで調理法であるので
  できあがりはやり方によって異なってしまう!ということなのです。

  つまり、眠ったままの遺伝子になってしまう可能性もありますから
  それを引き出す=発現させるようにしないといけません。

  
  それがうまくいくと「成功中毒」になることができます!

  成功中毒とは、「成功を渇望する」心のこと。
  ドラッグに負けないような快感がある!と言われています。

  まるるちゃんも、最近その中毒になってきているようで(笑)
  どんなに小さな事でも成功すると、めっちゃうれしくなります!

  この「習慣」を強化することができれば
  元々持っている遺伝子を発現させることができた!と
  いえるのではないでしょうか。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『前方に焦点を合わせる』
  成功する人の特徴として「リスク盲症」になる
  というのがあるそうです。

  普通の人が「これは怖い!」と思うような想像上の出来事
  に対して、「気にならない」という症状です(笑)

  無謀では??とも思えるのかもしれませんが
  実は「リスク」とはそれ自身が怖いモノではないと思うのです

  怖いのは、「気がついていないこと」にはまってしまうことは
  ないですか?
  いわゆる「想定外」というやつですね。

  ということは逆に「失敗への対抗策を事前に準備」することが
  できたらどうでしょうか?

  そう、そうするとリスクに対するおそれがかなり低減されませんか?

  それでも失敗してしまった場合には、大きなケガにならなかった
  事に感謝して、そこから【学べばいい】じゃないですか。

  一回失敗したらゲームオーバーの世界に生きているわけではありません。

  トータルとして成功すればいいのですから、何にも行動しないで
  経験値をゼロのままにしているよりも、小さな失敗をして
  経験値を上げていくために、【前方に焦点】をあてましょう。

  実は、起業家にはリスクは存在しないと本著は語ります。

  一度成功すると、「お、これは自分がやれば成功するかも」
  という小さな自信が生まれます。

  これを繰り返していくことで「自分なら最後には必ず成功する!」
  という自信が生まれていきます。

  すると、、、その成功を納めるために
  あらゆるできることを行動しようと、インプットされた脳みそが
  働きますから、最後には成功する。そんな仕組みなんですね

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『曲がり角の向こう側を見る』
  壁にそって歩いていて、角を曲がったら
  車や自転車にぶつかりそうになった。

  そんな危ない経験をされたことがあるかたがいるかもしれません。

  そう、そうやって角を曲がった後がどうなっているかを
  チェックするのは非常に難しいことですね。
  
  でも、これを置き換えて考えてみると
  「未来」を予測するということと等しいと思いませんか?

  今やっている仕事・ビジネス・人生という道は
  常にまっすぐにずーっと続いているわけではありません。

  そのまま進んでいくとカーブがあって、急な曲がり角が
  あるかもしれませんよね。

  曲がり角の向こうを見通すために必要な能力の一つが
  「パターン認識」。

  混沌のように見える日々の出来事の中から、繰り返し起こった
  事をチェックしていくと、パターンを見いだすことができるとは
  思いませんか??

  そう、混沌から「パターンが発現する」と思えばいいのです。

  そんなときに、自分一人だけが「パターン認識」することも
  できるのですが、自分だけではなく「他人の脳を借りる」
  ということも、とても大事だと思うのです。

  なぜ?

  パターンのフィルターが1人よりは2人。力の持った人が
  パートナーとなれば全く同じフィルターということはありえませんから
  より、「パターン」を見いだせる可能性が高まりますよね。

  そのためには、他人のふんどしで相撲を取ることを考えるのではなく
  自分の力・知識で、他人が相撲を取れるか?を考えてみるべき。

  その力を身につけてこそ、初めて、力のある人が
  パートナーになってくれる可能性がひろがるのですからね♪

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『人生の句読点を見極めよう!』
                              
   その出来事が自分にとってどんな影響を及ぼすのか・・。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 日々起こる出来事を漫然と過ごしていたら
 実はあのときのことは「ターニングポイントだった」と
 後から気がつくような事態になってしまうかもしれません。

 どのように捕らえるのか?というと
 
  ・それによってどれくらいの変化がおこる?

  ・どれくらい居心地の悪い環境?

  ・外的情報と内的衝動は一致している?

 という点だと本著に教わりました。

 まるるちゃんも、直観で「お、ここは投資しておくべきだ」
 と気がつくことができたからこそ、今、エンビジで
 「まるるちゃんのビジネスは・・」なんて事が書けるのかな~
 と思うのです。

 もちろん、まだ人様に誇れるほどの規模には達していないのですけどね(^^;;)

 ただ、ゼロー>1の課程は踏み出すことができましたし
 すると、次の「2」のステージに行こうとする際には
 「1」で獲得した資源を投資することができるのです。

 それも、「人生の句読点」の一つを幸運にも
 つかむことができたからだと、本著を読みながら感じていたところでした♪

成功遺伝子―この行動が8つのDNAを目覚めさせる
成功遺伝子―この行動が8つのDNAを目覚めさせる

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

成功哲学の関連記事

▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

seo great banner

Copyright© 2005 - 2018 エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.