スポンサードリンク
エンジニアがビジネス書を斬る! > 経営 > 男前経営論―ピーチ・ジョンの成功哲学 [by 野口 美佳 (著)]

男前経営論―ピーチ・ジョンの成功哲学 [by 野口 美佳 (著)]

2005-12-03
男前経営論―ピーチ・ジョンの成功哲学 男前経営論―ピーチ・ジョンの成功哲学
野口 美佳

東洋経済新報社 2005-11
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2006/01/05

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『「PJ」成功のヒミツは?』

   若い女性の1/4は顧客になっているといいます。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『だから女がついてくる』   『顧客リスト』

 『キャラのはっきりした子』   『絶対社長力』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『結局、男?女?』
                              
   どちらが向いているなんてことはあるんだろうか?
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『男前-100%女なんてありえない』
 ▼『カタログ-流れる思想は一つ』
 ▼『絶対社長力!-良きワンマン』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『男前-100%女なんてありえない』
  男性だから、性質が100%男性ということもないし
  女性だから、全部が女性ということもありませんよね?

  男性だって、性質的に女性な部分が多ければ
  新宿2丁目のお姉さま方になりますから♪
  #悪い意味で言ってるつもりは毛頭ありません!

  で、野口社長の場合には4~5割くらいが男性だとおっしゃいます。

  これまで、男社会といわれるビジネス社会で活躍する女性は
  男性の割合のほうが多い方が多かったのでは?と分析される野口さんですが
  ご本人は、あくまで男性の部分は5割を越えない!

  やっぱり「女」なんですとおっしゃっています。

  
  まるるちゃんの場合、どうなんでしょうね。
  
  【エンビジ】を読んだ読者の方から、
     「男性ですよね」
     「いや女性だと思っていました!」
  いろんな形でメッセージをいただきます(笑)

  
  文章の書き方が、どちらにもとれるってことですね。
  このように100%ということがありえないという実例が
  ここにもあるわけです♪

 
  なんで、まるるちゃんの文章は両方にとれるんでしょうね?

  一般的に「男はデータ」「女はイメージ」で語ると
  野口さんがおっしゃいます。

  ビジネスの世界では数字がすべて!といわれるのもこのあたりに
  起因しますね。

  でも、まるるちゃんは理系でありながら、そうでないくだけた
  文章を書きたいのです。
  特に【エンビジ】を書いているときには。

  イメージ!とまではいえないかもしれませんが
  理系の論理性の中にあっては、比較するとよりイメージに近い側
  なのかもしれません。

  ま、まるるちゃんが男性なのか女性なのかは
  お会いしてからのお楽しみということにしておいてください(爆)

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『カタログ-流れる思想は一つ』
  通販のカタログの目的って何でしょうか?

  それは・・・
    【お客様に買っていただくこと】

  そのまんまですが、これが真実です。

  すると・・・どうしても【売り込み】先行になってしまう
  カタログがおおいんですが、ピーチジョンのカタログ「PJ」
  は一味違うんです。

  それは・・・【根底に流れる思想が一つ】であること。
  
  ピーチジョンの思想は「元気・セクシー・ハッピー」
  なんだそうです。

  女の子が「元気・セクシー・ハッピー」でいるため
  できることはなんだろうか?と考えて紙面を構成しているんです。

  と・・通販カタログのはずが「ファッション誌」的になってきて
  ストーリー性がでてきたり、編集後記がとても手厚くなったりするんです。

  例えば、売ることだけが目的だったら、通常の顧客購入単価から
  あまりにもかけ離れたものはなかなか掲載できないですよね?
  貴重な紙面スペースを割いて売れないと、コストがあわないですから。

  でも、ストーリー性を重視するならば、そんな商品でも
  大きなスペースを割いて紹介できちゃうんです!

  【エンビジ】でも、ほぼ毎回3つの視点からビジネス書を斬っていますが
  物を売っていないから余計に(笑)、流れをあるていど
  統一するようにしたいなと思っています。

  え?どんな流れかって?
  
  それはまるるちゃんの思考・質問にそった流れ(笑)

  なので、外から見ると飛んでいるように見えるかもしれませんが
  基本にあるのは、質問に基づいた、まるるちゃんのマインドマップなんです。

 
  それが伝わってなければまるるちゃんの文章力のせいなので
  許してくださいませ(笑)

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『絶対社長力!-良きワンマン』
  「ワンマン社長」とはよくない意味で使われることが多いんですが
  さてほんどにワンマンはいけないんでしょうか?

  いや、そんなことはないはずです。
  社長が背負っている責任は、社員に比べたらはるかに重いです。
  
  それは、【経営責任】ひいては、社員全員の生活に対して
  責任を負わなくてはいけないのが社長だから。

  ですから、社長はワンマンではいけないのではなく
  【よきワンマン】になるべきなのです。

 
  そのためにはどういう能力を持っていればいいんでしょう?

  野口さんはそのための能力を【絶対社長力!】という
  言葉で表現されています♪

  この中でもっともまるるちゃんが気になったのが
  【人に助けてもらえる能力】

  人間一人の能力はいってもたかがしれています。

  スーパーマンのビジネス処理能力よりも
  たぶん100人で取り掛かったほうが、処理能力はあがります。
  #アイデアとかは別ですよ。

  ですから、どんなに素敵なアイデアを持っていたとしても
  それを実行するには必ず周りからの助けが必要なんです!!

  
  まるるちゃんは、実はこれが苦手でした。結構長い間。

  でも、最近は、いろんな方にお手伝いしていただけるように
  なってきました。

  もっともっと、まるるちゃんからいろんなことを提供 
  できるようになって、そしていろんな方から手伝っていただけるように
  なるようにがんばります!!!

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『絶対社長力!をもとう。』
                              
   自分会社の社長であっても社長
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 伸びている会社として、有名だった「ピーチ・ジョン」

 初めて野口社長の書かれた本を読みましたが
 「コンセプトがぶれていない」ということを強く感じました!!

 どんなに読んでいる人が多くても、コンセプトがぶれているメルマガって
 やっぱり強い人気はでないんです。

 逆にニッチなメルマガでも、伝えたい根底に流れているコンセプトが
 しっかりしていると、とてつもないパワーを発揮するんです。

 【エンビジ】もエンジニアまるるちゃんが、ビジネス書という
 理系があまり触れないようなものを紹介することで
 【違う視点=別の立ち位置】を紹介する!

 なんてコンセプトからはじまり、そして今では
 【くだけたないようにする!】ということをコンセプトにしています。

 そう、どうしてもビジネス書関連のジャンルは
 難しいことがたくさんあります。

 でも、せっかくのいい知識も、言葉が難しいと
 それだけで「拒否反応」を起こしますよね?

 って、まるるちゃんだけ?(爆)

 それではもったいないですから、まるるちゃんだけでも
 くだけた内容で紹介できればいいな!と常に思っています!!

男前経営論―ピーチ・ジョンの成功哲学
男前経営論―ピーチ・ジョンの成功哲学

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

経営の関連記事

▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

seo great banner

Copyright© 2005 - 2018 エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.